金沢区・磯子区版 掲載号:2018年1月11日号 エリアトップへ

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回 角田武夫が描いた金澤八景 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

掲載号:2018年1月11日号

  • LINE
  • hatena

 角田武夫は金沢藩(米倉藩)の藩士の家柄である角田家の長男として明治17年(1884)5月2日に現在の金沢区瀬戸に生まれた。地元の学校を卒業後神奈川県師範学校に進み明治38年(1905)から教員として県下小学校を歴任(校長も)し昭和20年(1945)4月6日に60歳で亡くなった。

 角田は子供の頃から絵を描くことが好きで教員をしながらも心は「画家」を望み、絵の勉強をして写生俱楽部にも参加し写生を続けていた。

 一方、江戸時代に「金澤八景」として親しまれた金沢の地は昭和前期になると横須賀軍港の後背地として要塞地帯の規制適用範囲に入り写真撮影や写生は軍や役所の許可が必要で作品は検閲を受けなければならず、又、軍需関連企業の進出により地形が大きく変わり変貌して行くこととなった。角田は若い頃から見慣れた金澤八景の風景が変化していくことを危惧し、厳しい規制のもと自ら絵筆をとり昭和8年(1933)からスケッチしてまとめたものが昭和16年(1941)8月の『金澤百景』である。その跋文には「変る変るどんどんかはる…金澤八景もやがては名のみとなるだろう。せめては今の面影でも」とあり、その風景を残そうとしたことが書かれている。角田は他の画帖「続金澤百景」「金澤巡礼」と合せて二百点以上の金澤八景の最後の姿を残してくれたのである。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク