金沢区・磯子区版 掲載号:2018年1月11日号
  • LINE
  • hatena

金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第19回 角田武夫が描いた金澤八景 文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

 角田武夫は金沢藩(米倉藩)の藩士の家柄である角田家の長男として明治17年(1884)5月2日に現在の金沢区瀬戸に生まれた。地元の学校を卒業後神奈川県師範学校に進み明治38年(1905)から教員として県下小学校を歴任(校長も)し昭和20年(1945)4月6日に60歳で亡くなった。

 角田は子供の頃から絵を描くことが好きで教員をしながらも心は「画家」を望み、絵の勉強をして写生俱楽部にも参加し写生を続けていた。

 一方、江戸時代に「金澤八景」として親しまれた金沢の地は昭和前期になると横須賀軍港の後背地として要塞地帯の規制適用範囲に入り写真撮影や写生は軍や役所の許可が必要で作品は検閲を受けなければならず、又、軍需関連企業の進出により地形が大きく変わり変貌して行くこととなった。角田は若い頃から見慣れた金澤八景の風景が変化していくことを危惧し、厳しい規制のもと自ら絵筆をとり昭和8年(1933)からスケッチしてまとめたものが昭和16年(1941)8月の『金澤百景』である。その跋文には「変る変るどんどんかはる…金澤八景もやがては名のみとなるだろう。せめては今の面影でも」とあり、その風景を残そうとしたことが書かれている。角田は他の画帖「続金澤百景」「金澤巡礼」と合せて二百点以上の金澤八景の最後の姿を残してくれたのである。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

歌「シクラメンのかほり」から新品種

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン

歌「シクラメンのかほり」から新品種

12月20日号

葉のつき方は対生の中に輪生もある

金子さんの草花の不思議発見!第23回 ハナゾノツクバネウツギ

葉のつき方は対生の中に輪生もある

12月6日号

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

11月22日号

白粉をつけたヒノキの仲間

金子さんの草花の不思議発見!第21回 アスナロ・サワラ・ヒノキ

白粉をつけたヒノキの仲間

11月1日号

イガあるクリ、イガないドングリ

金子さんの草花の不思議発見!第20回 クリ

イガあるクリ、イガないドングリ

10月11日号

強風に耐える伸縮可能な蔓

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ

強風に耐える伸縮可能な蔓

9月13日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

八景の歴史と魅力

参加募集

八景の歴史と魅力

五味文彦さんが講演

2月16日~2月16日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク