金沢区・磯子区版 掲載号:2018年2月1日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見第8回 サザンカとツバキ 区別するポイントは「果実」 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

 「サザンカ」の花も終わりに近づき、「ツバキ」の花が咲く頃となりました。この2つの花はよく似ていて、区別が難しいので、古くは両種が混同されていました。またアメリカでも両種を、属名の「カメリア」と呼び、はっきり区別していないようです。

 図鑑等では、「サザンカは初冬に開花し、ツバキより小型で花弁は1枚ずつばらばらに落ち、香りがある。葉脈は透かしてもはっきりせず脈上に毛がある。ツバキは早春から開花し、花弁はバラバラでなく、まとまってポトリと落ちる。葉は白く透き通る」とあります。

 しかし近年、両種の交雑種が街中に多く出回り、上記のような違いも判断しにくくなっています。両種の決め手は子房(後の果実)を見ていただくよくわかります。写真のようにサザンカの子房は白い毛で覆われており、ツバキは無毛で、ツルツルしています。またサザンカは開花の時には、萼片と苞葉を落としますが、ツバキは花弁が落ちても、萼片と苞葉は落ちないで残っています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

歌「シクラメンのかほり」から新品種

金子さんの草花の不思議発見!第24回 シクラメン

歌「シクラメンのかほり」から新品種

12月20日号

葉のつき方は対生の中に輪生もある

金子さんの草花の不思議発見!第23回 ハナゾノツクバネウツギ

葉のつき方は対生の中に輪生もある

12月6日号

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ

梨は尻から、柿は頭から甘くなる

11月22日号

白粉をつけたヒノキの仲間

金子さんの草花の不思議発見!第21回 アスナロ・サワラ・ヒノキ

白粉をつけたヒノキの仲間

11月1日号

イガあるクリ、イガないドングリ

金子さんの草花の不思議発見!第20回 クリ

イガあるクリ、イガないドングリ

10月11日号

強風に耐える伸縮可能な蔓

金子さんの草花の不思議発見第19回 カラスウリ

強風に耐える伸縮可能な蔓

9月13日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

八景の歴史と魅力

参加募集

八景の歴史と魅力

五味文彦さんが講演

2月16日~2月16日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク