金沢区・磯子区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

挑戦の土壌 実現訴え 市大シンポで大隅教授

社会

講演する大隅教授
講演する大隅教授
 ノーベル賞受賞者の大隅良典東京工業大学栄誉教授による講演が1月24日、パシフィコ横浜で行われた。

 横浜市立大学による国際公開シンポジウムにおける特別講演で、演題は「私のオートファジー研究・時代の進歩に支えられて」。

 大隅教授は細胞における自食作用を意味する「オートファジー」について画像を使いながら説明した。また「誰もがやっていないことをやる。科学においてはそれが重要」と指摘し、最近の学生について「みんながやっていることをやりたがる傾向が強い」と警鐘を鳴らし、日本において、チャレンジできる研究土壌の実現を訴えた。会場には研究者のほか、熱心にメモをとる子どもの姿もみられた。

 大隅教授は2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞している。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク