金沢区・磯子区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン 果物の頭はどこ? 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
リンゴとミカンの柄を上にした場合(写真右)=と下にした場合(同左)
リンゴとミカンの柄を上にした場合(写真右)=と下にした場合(同左)

 皆さんが普段食べている「リンゴ」や「ミカン」等の果物に、上(頭)下(尻)があるのをご存知でしょうか。テーブルの上に置くとき、普通は右上の写真のように柄がある方を上に置きます。座りの良い(安定性)置き方も重要ですが、果物の上下はどのようにして判断するか果実のつくりから説明していきます。

 一般に果実は、子房やその周辺の部分が、膨れて果実になるわけですから、柄がある側と反対側に花を咲かせることになります。普通花が咲く方向が上側(頭)、枝につく柄が下側(尻)となります。リンゴの花は、上から雌蕊雄蕊を含めた花弁、萼片、果実、柄の順に枝につきます。リンゴの尻部分(写真左上)を見ると、ギザギザしたものがありますが、これは萼片の痕跡です。ミカンの花は、上から雌蕊雄蕊を含めた花弁、果実、萼片、柄の順に枝につきます(左下ユズの写真参照)。ミカンの柄の部分には、5枚の緑色をした萼片が残っています。

 普段私たちはリンゴやミカンを、尻の部分を上に向けていることになります。他の果物の場合はどうなっているか、調べてください。
 

上から花・ユズ・萼・柄
上から花・ユズ・萼・柄

金沢区・磯子区版のコラム最新6

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

8月8日号

粒の数だけ「ひげ」がある

金子さんの草花の不思議発見!第32回トウモロコシ

粒の数だけ「ひげ」がある

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

8月8日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

7月18日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月18日号

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

7月11日号

初恋の相手はコガネムシ

金子さんの草花の不思議発見! 第31回 ハス

初恋の相手はコガネムシ

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

7月11日号

新しい街で港の歴史伝える

MM21街区NEWS

新しい街で港の歴史伝える

MM玄関口の博物館

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

0歳からのコンサート

磯子公会堂

0歳からのコンサート

9月8日 磯子公会堂

9月8日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク