金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月1日号 エリアトップへ

(新潮社)著・三島由紀夫 物語でめぐるわが街 『春の雪』文・協力/磯子図書館

掲載号:2018年3月1日号

  • LINE
  • hatena
現在はレストランとして利用される旧東伏見邦英伯爵別邸
現在はレストランとして利用される旧東伏見邦英伯爵別邸

 三島由紀夫の最後の長編小説『豊饒の海』全4巻の1巻目、「春の雪」(昭和44年刊)。物語の舞台は明治末から大正の東京、松枝侯爵家の一人息子清顕と、綾倉伯爵家の令嬢聡子の恋愛が描かれています。

 磯子区が登場するのは物語の中頃、聡子が両親と共に横浜郊外にある洞院宮別邸を訪れる場面です。「洞院宮御別邸は、海を見下ろす高い崖上にあり、御殿風の外観を持った洋館には、大理石の階段がついていた」

 この洞院宮別邸のモデルが、磯子3丁目の高台にある「旧東伏見邦英伯爵別邸」といわれています。この邸宅は東伏見邦英伯爵が昭和12年に建てたもので、物語の年代より後ですが、根岸湾埋立前の当時、崖下の少し先は海という風光明媚な場所にありました。戦後、建物は進駐軍に接収された後、昭和29年に西武グループが取得、横浜プリンスホテルの小宴会場などとして活用され、平成18年のホテル営業終了後に一旦閉鎖。平成26年からはレストランとして利用されています。また、平成5年に横浜市の歴史的建造物に認定されました。

 『豊饒の海』は全4巻を通して「輪廻転生」が一つのテーマになっていますが、この建物も時代によって転生しながら、現在に続いています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク