金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん) 雑木林で「動物似顔絵」探し 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
ハリエンジュ(コウモリ?)
ハリエンジュ(コウモリ?)

 ハリエンジュ、オニグルミ、オオバヤシャブシ等の落葉樹は、秋に葉を落として休眠状態に入ります。葉が落ちた痕が、樹木により動物の顔や形など様々な模様をしています。こうした葉の痕を「葉痕」または「葉柄痕」といいます。葉柄の内部には水分や養分が流れる通路があり、樹木によってその位置が違うことや、葉柄の形が違うため、切口の模様が変わってきます。

 例えば写真のように、ハリエンジュは「コウモリ」、オニグルミは「ヒツジ」、オオバヤシャブシは「サル」と、それぞれの顔のようにも見えます。

 葉痕は枝にいくつも残っていて、似顔絵を楽しむだけではなく、その間隔が長ければ(広ければ)春から初夏に勢いよく伸びた茎であり、狭ければその年の生長時期が終わりに近づいた茎であることがわかります。

 その他の葉痕では、サンショウ・ヤマグワは「子供の顔」、ガマズミは「こびと」、フジは「カモメ」、キハダは「ピエロ」等々。人により見え方も違うので、イメージを膨らませながら、いろいろと楽しむことができます。お子(孫)さんとご一緒に探してみてください。

 なお、葉痕は古くなると次第に目立たなくなってくるので、新しい枝で探してください。 
 

オニグルミ(ヒツジ?)
オニグルミ(ヒツジ?)
オオバヤシャブシ(サル?)
オオバヤシャブシ(サル?)

金沢区・磯子区版のコラム最新6

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月17日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月10日号

国内最大級の統合施設

〈連載【2】〉 市が描くIR像

国内最大級の統合施設

IRと横浜

10月3日号

「前を向き、必ず復旧へ」

台風15号 現場の声 (有)マルニ商店 寄稿

「前を向き、必ず復旧へ」

10月3日号

美女に例えた花も臭いは悪臭

金子さんの草花の不思議発見!第34回オミナエシ

美女に例えた花も臭いは悪臭

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

10月3日号

市、財政への強い危機感

〈連載【1】〉 誘致表明の背景

市、財政への強い危機感

IRと横浜

9月26日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

洋光台でハロウィーン

洋光台でハロウィーン

仮装コンテストも

10月27日~10月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク