金沢区・磯子区版 掲載号:2018年3月15日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見第10回 葉痕(ようこん) 雑木林で「動物似顔絵」探し 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年3月15日号

  • LINE
  • hatena
ハリエンジュ(コウモリ?)
ハリエンジュ(コウモリ?)

 ハリエンジュ、オニグルミ、オオバヤシャブシ等の落葉樹は、秋に葉を落として休眠状態に入ります。葉が落ちた痕が、樹木により動物の顔や形など様々な模様をしています。こうした葉の痕を「葉痕」または「葉柄痕」といいます。葉柄の内部には水分や養分が流れる通路があり、樹木によってその位置が違うことや、葉柄の形が違うため、切口の模様が変わってきます。

 例えば写真のように、ハリエンジュは「コウモリ」、オニグルミは「ヒツジ」、オオバヤシャブシは「サル」と、それぞれの顔のようにも見えます。

 葉痕は枝にいくつも残っていて、似顔絵を楽しむだけではなく、その間隔が長ければ(広ければ)春から初夏に勢いよく伸びた茎であり、狭ければその年の生長時期が終わりに近づいた茎であることがわかります。

 その他の葉痕では、サンショウ・ヤマグワは「子供の顔」、ガマズミは「こびと」、フジは「カモメ」、キハダは「ピエロ」等々。人により見え方も違うので、イメージを膨らませながら、いろいろと楽しむことができます。お子(孫)さんとご一緒に探してみてください。

 なお、葉痕は古くなると次第に目立たなくなってくるので、新しい枝で探してください。 
 

オニグルミ(ヒツジ?)
オニグルミ(ヒツジ?)
オオバヤシャブシ(サル?)
オオバヤシャブシ(サル?)

金沢区・磯子区版のコラム最新6

葉は「毛」で赤くなる!?

金子さんの草花の不思議発見!第29回 アカメガシワ

葉は「毛」で赤くなる!?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

5月30日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」の精神を継ぐ

今月の志まくらのイッピン

5月23日号

53街区に大規模複合ビル

MM21街区NEWS

53街区に大規模複合ビル

京急、ヤマハら4社が事業予定者に

4月25日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

Kアリーナが国の計画に認定

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

原鉄道模型博物館 4月15日まで

4月4日号

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

七夕飾り

七夕飾り

23日 プララ杉田

6月23日~6月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク