金沢区・磯子区版 掲載号:2018年5月3日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見第13回 ハナイカダとナギイカダ 葉の上に花を咲かせる木 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

ハナカイダの雌花
ハナカイダの雌花

 花は一般に葉の付け根(葉腋という)に咲きますが、今回紹介する木は、葉(または葉状)の中央に花を咲かせる珍しい木です。ミズキ科の「ハナイカダ」とユリ科の「ナギイカダ」は、どちらも平らな葉(葉状)を筏に、中央の花を筏に乗る人に例えています。

 ハナイカダは円海山周辺に生育する雌雄異株の低木で、春に花をつけ、夏に実が黒く熟します。よく見ると葉腋から花の部分までの中央脈が、先端部の葉脈より太くなっています。これは葉腋から出た花の柄が、葉脈と合併したためです。

 ナギイカダは地中海沿岸原産の雌雄異株の低木で、金沢緑地や庭木として見られます。こちらも春に花をつけ、夏に実が赤く熟します。名の由来はナギという樹木の葉に似ているためですが、ハナイカダと大きく違う点は、花をつけている「葉」は、本当の葉ではなく、茎が扁平に変化したものです(葉状茎という)。本当の葉は棒状の茎に、白っぽく小さな鱗片状に退化しています。
 

ナギカイダの花(金沢緑地)
ナギカイダの花(金沢緑地)
ハナカイダの実
ハナカイダの実
ナギカイダの退化した葉
ナギカイダの退化した葉

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

冬でも葉が落ちない落葉樹

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ

冬でも葉が落ちない落葉樹

3月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク