金沢区・磯子区版 掲載号:2018年6月7日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見第15回 ドクダミ 普通の八重とは違う!? 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

 八重ザクラ、八重ヤマブキ、八重ツバキ等、「八重」がつく花は多くあります。八重とは「8枚」ではなく、「たくさんある」時に使われます。前述の3種の八重も、多くの花弁を持っています。道端や庭等によく見られる「ドクダミ」にも、写真(右上)のように八重のものを見つけることができます。ただドクダミの場合は、八重ザクラ等の八重とは大きな違いがあります。サクラ、ヤマブキ等の八重は、一般に雄蕊が花弁に変化したものですが、ドクダミは苞葉という部分が、白く花弁状になったものです。

 通常見ている4枚の白い花弁状は総苞片といい、花全体を保護しています。ドクダミの花は、中央に黄色く長い穂状(写真左上)の部分で、多くの花が集まっています。この花穂には小さく緑色をした目立たない苞葉がたくさんあり、この小さい苞葉が白く花弁状に変化すると八重状のドクダミになります。下の写真は、6花弁状のものです。

 ドクダミの名は、薬効があるので「毒痛み」、「毒ため」がその由来です。強烈な臭気のため、日本ではあまり人気がありませんが、欧米ではハーブとして、また十字状に花が咲くので、教会に観賞用として好まれています。
 

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

冬でも葉が落ちない落葉樹

金子さんの草花の不思議発見!第27回 クヌギ

冬でも葉が落ちない落葉樹

3月21日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月18日号

お問い合わせ

外部リンク