金沢区・磯子区版 掲載号:2018年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

地域と作った夏花壇 富岡西公園に完成

文化

西富岡小の児童が植えた花の数々
西富岡小の児童が植えた花の数々
 金沢区にある富岡西公園で西富岡小学校の児童や地元のボランティアが植えた夏花壇がこのほど完成した。

 同公園は2014年から横浜植木株式会社(南区)が指定管理者となり、園内を花でいっぱいにする「百花繚乱プロジェクト」を推進。年間を通して季節の花が楽しめる環境を整えている。

 夏花壇は5月、同校2年生のほか、約10人の地域ボランティアが力を合わせて植えた。ベゴニアやブルーサルビア、マリーゴールド、大きな紫色の丸い花を付けるアリウムグローブマスターなどが美しく咲き誇る。公園責任者の柿崎照美さんによると花期は長く、秋ごろまで楽しめる。

 園内のプランターではスターチスが花開いており、秋に収穫してリース作り教室が行われる予定だ。同公園は「来るたびに発見がある空間」を目指し、地域と共に花いっぱいの公園を作りたいという。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 「バラ」は歴とした日本語

    金子さんの草花の不思議発見第17回 バラ

    「バラ」は歴とした日本語

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    8月9日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク