金沢区・磯子区版 掲載号:2018年8月30日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見第18回 カニクサ 葉で巻き付く珍しい蔓植物 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年8月30日号

  • LINE
  • hatena

 夏の野外ではクズ、ヤブガラシ、スイカズラ、ヘクソカズラ、ヒルガオ等の蔓性植物が目につきます。他のものに巻き付く蔓植物は、ほとんど茎の部分が蔓になって巻き付きます。自分の体を支える必要がない蔓植物は、その分長く蔓を伸ばしていくことができます。

 上の写真2枚(カニクサ=右=とテイカカズラ=左)の蔓の部分を見ると、どちらも茎が巻き付いているようですが、「カニクサ」は茎ではなく葉の一部(*中軸)が巻き付きます。しかも地上部は全て1枚の葉であり、下の写真は1枚の葉のほんの一部分を示しています。カニクサは条件が良いと無限に生長を続けるため、10m近く伸びることがあります。カニクサのように葉の一部が蔓として巻き付くのは非常に珍しく、他の植物ではほとんど見られません。しかしカラスノエンドウのように、小葉の一部が巻き髭となって他物に巻き付く例はよく見られます。

 カニクサ(別名ツルシノブ)は石垣や公園で普通に見られるシダ植物で、名の由来は子供がこの蔓を使って、カニを釣って遊んだことからつけられました。

*中軸とは左右に広げた小葉を束ねた中央の軸で、葉柄に繋がる。
 

カニクサ
カニクサ

金沢区・磯子区版のコラム最新6

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月13日号

祖先返りの「葉」が現れる

金子さんの草花の不思議発見!第39回カイヅカイブキ

祖先返りの「葉」が現れる

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

2月13日号

葉の表と裏の区別は?

金子さんの草花の不思議発見!第38回ネギ

葉の表と裏の区別は?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月23日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る IRと横浜

「カジノなしでも人は来る」

1月16日号

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

コラム 算命学教授に聞く

2020年(庚子)は「生まれ変わりの年」

1月1日号

赤い部分は葉の一種

金子さんの草花の不思議発見!第37回ポインセチア

赤い部分は葉の一種

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月1日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く IRと横浜

制限型対策では不十分

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク