金沢区・磯子区版 掲載号:2018年11月22日号
  • LINE
  • hatena

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ 梨は尻から、柿は頭から甘くなる 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

カキ(果実断面)
カキ(果実断面)

 青空に赤い実(写真上)が映える「カキ」のお話です。渋柿と甘柿がありますが、甘柿でも熟すまでは渋みがあります。カキの渋みの正体は、「タンニン」という成分が多く含まれているからです。タンニンは未熟の時には、舌の上で水に溶けてその渋みを感じさせますが、熟すと水に溶けにくくなり、渋みが感じなくなります。タンニンは茶やドングリ等多くの植物にも含まれています。

 カキは甘味を増していくとき、実の頭部(へたがない部分)から甘くなっていきますが、ナシは逆に尻(軸がある部分)から甘くなっていきます。これを「梨尻柿頭」(りしりしとう)と呼んでいます。この違いは、太陽光を受ける面の位置の違いによるものと思われます。

 名の由来は諸説ありますが、一つには「赤い実のなる木」から「カキ」、また紅葉の色と実の色「赤黄」(あかき)から「カキ」といわれています。

 日本と中国が原産地で、中国産は甘柿がなく渋柿のみです。日本では弥生時代の遺跡から自生の柿が出土しており、鎌倉時代の文献に甘柿の記述があることから、古くから甘柿の品種改良がされていたようです。

 カキを切る時には、頭部にある十文字状の黒っぽい溝、またはそれに続く丸みの所まで四方(八方)に伸びている浅い溝に沿って切ると、種子に当たらずに切ることができます(写真下)。

金沢区・磯子区版のコラム最新6件

53街区に大規模複合ビル

MM21街区NEWS

53街区に大規模複合ビル

4月25日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

4月18日号

「ミュージック・パーク」実現へ

MM21街区NEWS

「ミュージック・パーク」実現へ

4月18日号

冬と夏で花茎の長さが違う

金子さんの草花の不思議発見!第28回 タンポポ

冬と夏で花茎の長さが違う

4月11日号

生誕100年 企画目白押し

MM21街区NEWS

生誕100年 企画目白押し

4月4日号

横浜博から30年、開発9割に

MM21街区NEWS

横浜博から30年、開発9割に

3月28日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で遊べるおまつり

親子で遊べるおまつり

27日 磯子区社会教育コーナー

4月27日~4月27日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク