金沢区・磯子区版 掲載号:2018年11月22日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第22回 カキ 梨は尻から、柿は頭から甘くなる 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

掲載号:2018年11月22日号

  • LINE
  • hatena
カキ(果実断面)
カキ(果実断面)

 青空に赤い実(写真上)が映える「カキ」のお話です。渋柿と甘柿がありますが、甘柿でも熟すまでは渋みがあります。カキの渋みの正体は、「タンニン」という成分が多く含まれているからです。タンニンは未熟の時には、舌の上で水に溶けてその渋みを感じさせますが、熟すと水に溶けにくくなり、渋みが感じなくなります。タンニンは茶やドングリ等多くの植物にも含まれています。

 カキは甘味を増していくとき、実の頭部(へたがない部分)から甘くなっていきますが、ナシは逆に尻(軸がある部分)から甘くなっていきます。これを「梨尻柿頭」(りしりしとう)と呼んでいます。この違いは、太陽光を受ける面の位置の違いによるものと思われます。

 名の由来は諸説ありますが、一つには「赤い実のなる木」から「カキ」、また紅葉の色と実の色「赤黄」(あかき)から「カキ」といわれています。

 日本と中国が原産地で、中国産は甘柿がなく渋柿のみです。日本では弥生時代の遺跡から自生の柿が出土しており、鎌倉時代の文献に甘柿の記述があることから、古くから甘柿の品種改良がされていたようです。

 カキを切る時には、頭部にある十文字状の黒っぽい溝、またはそれに続く丸みの所まで四方(八方)に伸びている浅い溝に沿って切ると、種子に当たらずに切ることができます(写真下)。

金沢区・磯子区版のコラム最新6

アサガオの花弁は何枚?

金子さんの草花の不思議発見!第33回アサガオ

アサガオの花弁は何枚?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

9月5日号

「信頼に応え続ける京急に」

トップインタビュー

「信頼に応え続ける京急に」

京浜急行電鉄株式会社 原田 一之 社長

9月5日号

370万市民を守る備え

MM21街区NEWS

370万市民を守る備え

緊急物資拠点の耐震バース

8月29日号

国内外つなぐ商流拠点

国内外つなぐ商流拠点

新港地区盛り上げ、20周年

8月8日号

粒の数だけ「ひげ」がある

金子さんの草花の不思議発見!第32回トウモロコシ

粒の数だけ「ひげ」がある

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

8月8日号

今月の志まくらのイッピン

「色ソメツ心ソメツ」受け継ぐ

今月の志まくらのイッピン

7月18日号

アンパンマンの世界を体感

MM21街区NEWS

アンパンマンの世界を体感

全天候型ミュージアムが開館

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 6月20日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「はやぶさ2」の講演会

磯子公会堂自主事業

「はやぶさ2」の講演会

10月6日 映画上映会も

10月6日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク