金沢区・磯子区版 掲載号:2019年1月31日号
  • LINE
  • hatena

金沢公会堂がついに完成 2月2日からこけら落とし

社会

「野島」の愛称がつけられた講堂
「野島」の愛称がつけられた講堂

 再整備を進めていた区役所隣の金沢公会堂の講堂・会議室・和室がこのほど完成した。2月をこけら落とし月間と位置付け、区内の活動団体がさまざまな催しを開催する。一般供用開始は3月1日(金)から。

 このたび完成した新しい金沢公会堂は地上5階建ての鉄骨鉄筋コンクリート造り。1階に駐車場スペースを確保したほか、講堂や会議室、和室を整備した。こけら落とし月間では、15団体が演奏会や講演会を企画している(下記表参照)。

 メインとなる講堂は可動式の音響反射板などを取り入れ、音響効果を向上。舞台機構や照明機器も充実させた。3月から指定管理者として公会堂の管理運営を行う相鉄企業(株)の地島浩司新館長は、「これまでよりも演奏会や演劇公演、講演会など幅広い利用ができるような音の響きを実現しました」と話す。

 舞台は幅18・6m、奥行き10・4mと従来よりも広く、人数の多いオーケストラにも対応できるように。座席数は596席で、親子席3席×2部屋や車いすスペース7席も整備。だれもが利用しやすい空間を実現した。

各部屋に愛称

 公会堂内の各部屋には金沢の歴史文化が感じられるよう金沢八景にちなんだ愛称がつけられている。講堂の愛称は「野島」。そのほか1号会議室(約50席)は「洲崎」、2号会議室(約30席)は「平潟」、和室(10畳)は「乙艫」、多目的室(約100席)は「称名」、リハーサル室(約20席)は「小泉」、楽屋1は「瀬戸」、楽屋2は「内川」とした。

 地島館長は「旧公会堂は1971年に完成し、長年区民に愛された施設。70周年を機によりパワーアップした施設に生まれ変わったので、区民のみなさんの発表や生涯学習の活動拠点にしていただきたい」と話した。
 

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6件

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

博文でひも解く金沢

博文でひも解く金沢

県立金沢文庫で特別展

1月19日~3月10日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • レンコンの孔は何のため?

    金子さんの草花の不思議発見!第26回 レンコン(ハス)

    レンコンの孔は何のため?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月14日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク