金沢区・磯子区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

「神奈川沖浪裏」は本牧?! 新千円札の裏絵、北斎の傑作に

文化

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
新千円札の裏絵に採用される『神奈川沖浪裏』。左は相澤館長
新千円札の裏絵に採用される『神奈川沖浪裏』。左は相澤館長

 新千円札の裏絵に決まった葛飾北斎『富嶽三十六景・神奈川沖浪裏』。そのモチーフは千葉の木更津や富津、または金沢の海という説もあるが、その中でも有力視されているのが「本牧」説だ。

本牧の海は「神奈川沖」

 横浜市八聖殿郷土資料館の相澤竜次館長は、5つのポイントから本牧説を本命と位置付ける。

 その1点目が作品の名称にある「神奈川沖」だ。

 江戸幕府の公式文書・新編武蔵風土記稿によると、現在の幸ヶ谷公園=神奈川区=あたりから、本牧十二天あたりまでの内海を「神奈川湊」と称していた。そのため「神奈川沖」はその沖合と考えるのが妥当という。

 2点目が作品に描かれている「押送船」。これは漁船ではなく、鮮魚を日本橋まで運ぶための高速運搬船だった。本牧に残る安政6(1859)年の文書によると、本牧では35艘の押送船を所有しており、周辺では群を抜く数だったという。それがモチーフを裏付ける材料の1つとなっている。

自ら「本牧」と呼称

 3点目は「富士山」そして、4点目が「船はいつ、どこへ向かっているのか」という点。

 富士山については初代歌川広重の作品『富士三十六景・武蔵本牧のはな』が引き合いに出される。これは北斎の富嶽三十六景を意識して描かれたといわれており、まさに作品名には「本牧」という名称が使われている。4点目については当時、押送船は本牧を出港すると一度南下する航路をとっていたため富士山を右手に沖合に出る構図となる。また、翌朝に日本橋に届けるよう夕方に出港するとあって、夕焼け空も状況に合致している。

 最後の5点目は「北斎が描いた本牧」。これが最大の根拠とされる。北斎は50歳過ぎで『賀奈川沖本杢之図』を手がけているが(神奈川沖浪裏は70歳過ぎの作品)、これは大浪を描いたごく初期の作品。北斎自らが本牧を「神奈川沖」と呼んでいることが、この説に説得力を持たせている。

地域の話題作りに

 本牧説について相澤さんは「他の候補地よりも根拠の数が多い」と指摘する。一方で「色々な説があっていい。それぞれが地域の話題になって、地域の活性化になれば」と話している。

 新札は2024年度中に発行される予定だ。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

団体・個人で全国出場

横浜創学館空手道部

団体・個人で全国出場 スポーツ

男女とも「目指すは優勝」

2月20日号

「アラブ文化に親しんで」

書道やダンス、音楽通し

「アラブ文化に親しんで」 文化

2月20日号

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示 文化

旧伊藤博文金沢別邸で

2月20日号

金沢のガイドになろう

金沢のガイドになろう 文化

養成講座の受講生募集

2月20日号

杉劇で手作り美術展

イソカツ主催

杉劇で手作り美術展 文化

2月27日から3月3日まで

2月20日号

水道管6分の1が更新必要

タウンレポート

水道管6分の1が更新必要 社会

経年劣化で漏水相次ぐ

2月20日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク