金沢区・磯子区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

文部科学大臣表彰受賞者に聞く

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
谷口英樹教授
谷口英樹教授

iPS細胞でミニ肝臓創出

 同大学学術院医学群の臓器再生医学教室の谷口英樹教授は「iPS細胞を活用したヒト臓器創出を目指す戦略的研究」を続けてきた。

 谷口教授の研究グループは2013年にミニ肝臓ともいえる立体的な肝臓の器官原基(オルガノイド)を創出。世界で初めてヒト臓器の創出を可能とする基礎技術を確立した。その後、大量製造法の確立や培養期間の短縮、コスト削減などの課題を改善。いよいよ難治性肝疾患に対する臨床試験を開始するスタートラインに立った。

 横浜市大に着任した2003年、掲げたのは「臓器再生医学」という看板だった。「細胞すらできていないのに、”臓器”をつけるなんて」と周囲は猛反対。それでも意志は曲げなかった。その裏には日本の臓器移植の第一人者・岩崎洋治さんとの約束が。「肝臓を作ると話していた。『思いがある』ことが研究には大事。だからブレずにここまでこられた」と述懐する。

 論文を書くより患者を助けたいと、研究者と臨床医の両方の顔を持ち続ける。残された時間はあと10年ほど。さらなる目標に「ミニ肝臓を使った臨床で患者を助けること」「肝臓をまるごとつくること」を掲げる。「岩崎先生に天国で良い報告をするのが楽しみなんです」と笑顔で話した。

 横浜市立大学の谷口英樹教授(臓器再生医学教室)と松本直通教授(遺伝学教室)が、研究の功績が認められ文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)を受賞した。4月17日には文部科学省(東京都千代田区)で表彰式が行われた。本紙では2人に研究にかける思いなどを聞いた。

病気の原因遺伝子を探る

 同大学学術院医学群の遺伝学教室の松本直通教授は、「多様なヒト遺伝性希少疾患の原因究明に関する研究」で受賞した。

 松本教授は約15年前に横浜市立大に着任し、遺伝子から病気の原因を探ってきた。2005年に高い能力をもったゲノム解析機器「次世代シークエンサー」が開発され、研究は一気に加速。試行錯誤しながら新技術を使った解析法を確立し、10年にこれまで未知だった疾患責任遺伝子の同定に初めて成功した。その後、40以上の病気の原因遺伝子を発見。松本教授は、「解析技術と研究分野がうまく合致した」と話す。

 大学を卒業後、産科医として働いた経験を持つ松本教授。当時遺伝病の診断は、母体を傷つけるリスクのある絨毛診断が主流で、その頃からDNA診断の普及の必要性を感じていたという。その後、学び直しのため長崎大学大学院へ。ゲノム解析の気運が高まっていた時代背景もあり、遺伝子学に興味を持った。

 「病気の原因となる遺伝子を見つけることは、病気のケアの第一歩」と松本教授。原因を提示することは患者やその家族の大きな救いになるとも。「直接患者に還元できる要素が非常に大きく、今後ますます求められる分野。これからも少しでも医療に役立つ情報を提供していきたい」と意気込みを話した。
 

松本直通教授
松本直通教授

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

団体・個人で全国出場

横浜創学館空手道部

団体・個人で全国出場 スポーツ

男女とも「目指すは優勝」

2月20日号

「アラブ文化に親しんで」

書道やダンス、音楽通し

「アラブ文化に親しんで」 文化

2月20日号

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示 文化

旧伊藤博文金沢別邸で

2月20日号

金沢のガイドになろう

金沢のガイドになろう 文化

養成講座の受講生募集

2月20日号

杉劇で手作り美術展

イソカツ主催

杉劇で手作り美術展 文化

2月27日から3月3日まで

2月20日号

水道管6分の1が更新必要

タウンレポート

水道管6分の1が更新必要 社会

経年劣化で漏水相次ぐ

2月20日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

由緒ある雛人形を展示

由緒ある雛人形を展示

旧伊藤博文金沢別邸で

2月1日~3月3日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク