金沢区・磯子区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

タウンレポート 水道管6分の1が更新必要 経年劣化で漏水相次ぐ

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
磯子6丁目付近の漏水事故(1月9日)
磯子6丁目付近の漏水事故(1月9日)

 横浜市内では直近の5年間、毎年50〜60件の水道管漏水事故が確認されている。記憶に新しいのは昨年5月の磯子区中原3丁目付近や今年1月9日に磯子区磯子6丁目付近で発生した事故。1月は区内など一部で断水や濁水、周辺家屋への浸水被害もあった。

 漏水事故について横浜市水道局給水維持課の山口司課長は「水道管同士の接触や道路状況など、発生場所によって様々な理由が推測される。共通して考えられるのは管の経年劣化」と説明する。

 経年劣化や過去の漏水記録などの理由で更新対象とされているのは市内の水道管約9300Kmの内、現時点では1500Kmほど。主に1965年頃から使用されているもので、種類にもよるがその対応年数はおよそ50年だという。経年数の長さや周辺への影響などを参考に優先順位をつけ、年間110Kmずつ耐震管に更新している。山口課長は「今後も計画的に古い管を更新し、漏水事故減少につなげていきたい」と話す。

 また、破損時の対応として管の修繕に必要な材料を局内で備蓄している。これは漏水事故だけではなく、災害時も視野に入れてのことだという。山口課長は「メーカーなどと協定を結び、応急復旧をできる限り迅速に行えるような体制を整えている」と話す。

災害対策も強化

 市水道局では災害時の対策として、随時耐震管への更新も行っている。更新が終わっているのは26・6%(2018年度末)。今年度末までに28%が終わる予定だ。この耐震管の対応年数は約80年。全ての管の更新が終わった頃には、最初に更新したものが更新時期を迎えることとなる。市水道局としては最新技術を取り入れ、より長く対応できるものを引き続き検討していく考えだ。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

知恵を出し、汗をかく

知恵を出し、汗をかく 社会

浜崎建設工業株式会社代表取締役社長 浜崎貴さん(46)

1月21日号

魅力あふれる写真募集

横浜金沢観光協会

魅力あふれる写真募集 文化

「よこかな」表紙に採用も

1月21日号

利用者の声 開催後押し

利用者の声 開催後押し 社会

滝頭「こどもすまいる食堂」

1月21日号

コミュニティFM考える

コミュニティFM考える 社会

Zoomで市民会議

1月21日号

交通の裏側 コラムで紹介

交通の裏側 コラムで紹介 社会

交通局が特設サイト開設

1月21日号

イソカツ美術展

イソカツ美術展 文化

M6で23日まで

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク