金沢区・磯子区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第41回 ヒメツルソバ 年々耐寒性が強くなる 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
杉田に咲くヒメツルソバ
杉田に咲くヒメツルソバ

 最近金沢区内で広く繁殖している外来種の一つに「ヒメツルソバ」があります(写真左)。5〜6年前までは真冬になると、枯れてしまうことがほとんどでした。温暖化の影響か、最近は真冬でも枯れず、花をつけることが多々見られます。

 ヒメツルソバはヒマラヤ地方原産のタデ科の園芸種。世界中でロックガーデンやグランドカバーとして利用され、逸脱し野生化しています。日本には明治中頃に園芸種として導入されました。ヒメツルソバが広がっている所には、雑草が生えにくいので、雑草防除には最適です。花は赤、ピンク、白の球形状の集まりで、葉の表面には紫色のV字模様が見られ、茎葉には赤褐色の毛があります。

 タデ科植物は開拓精神に満ちており、石垣、溝、コンクリート等の隙間や高山のがれきの間にも生育します。街中の排水口のような過酷な環境でも、垂れ下がって頑張っています(写真右)。

 ヒメツルソバの名は、在来種の「ツルソバ」の小型ということでつけられたようです。ツルソバは鎌倉から三浦半島にかけて分布し、金沢・磯子区内ではほとんど見られません。
 

長浜公園の排水口
長浜公園の排水口
在来種のツルソバ
在来種のツルソバ

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

葉を噛むと歯が欠ける?

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ

葉を噛むと歯が欠ける?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

12月10日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク