金沢区・磯子区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

梅サイダー売上げ、教材に  マルニ商店が梅林小に贈呈

教育

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
目録を手渡す栗原さん(右)
目録を手渡す栗原さん(右)

 磯子区の梅林小学校(黒木英晴校長)は創立60周年を記念し、校内で収穫した梅から梅サイダーを製作した。協力したのは、金沢区に工場があり、ガラス瓶のリユース事業に取り組むマルニ商店と「オリツルサイダー」で知られる坪井食品。3月18日にはマルニ商店の常務取締役・栗原清剛さんが同小を訪れ、売り上げ金の一部を教育教材の資金として贈呈した。

 かつては「梅の名所」として有名だった磯子区の杉田梅林。同小には、52本の梅の木がある。毎年、収穫した梅でジュースや梅干しなどを作ってきた。黒木校長は、60周年記念事業として「梅サイダーを作れないか」と顔見知りだった栗原さんに相談。横浜市の「はまっ子未来カンパニープロジェクト」を活用し、企画がスタートした。

個別支援の児童が製作

 梅サイダー作りは、同校の個別支援学級の児童が担当。収穫した梅の実を洗って氷砂糖に漬け、約24㍑の梅シロップを坪井食品に納品。ラベルにも児童の描いた絵を使い、約2400本が完成した。サイダーは式典で保護者らに配ったほか、イベントなどで1本200円で販売した。

 黒木校長は「いただいた資金で、梅の苗を記念に植えたい。来年以降も続けていきたい取り組み」と話した。栗原さんは「学校は地域のランドマーク。企業も地域とのつながりを強くし、社会的意義をもって活動していきたい」と話した。
 

完成した梅サイダー
完成した梅サイダー

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

音楽と街への思い一冊に

ぴあ(株)

音楽と街への思い一冊に 文化

50周年で「ゆず」表紙の冊子

5月12日号

初の「ローズフェスタ」

横浜駅西口

初の「ローズフェスタ」 社会

14日、参加型アート企画も

5月12日号

高齢運転者支援を拡大

県免許センター

高齢運転者支援を拡大 社会

改正道路交通法に対応

5月12日号

作家が伝える読書の魅力

作家が伝える読書の魅力 文化

洋光台在住 佐藤さんが講演

5月12日号

開催概要を発表

横浜音祭り

開催概要を発表 文化

約250のプログラムを展開

5月12日号

加藤登紀子コンサート

加藤登紀子コンサート 文化

5月22日 クアーズテック秦野CH

5月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 3月10日0:00更新

  • 10月26日17:54更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook