金沢区・磯子区版 掲載号:2020年4月30日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第42回 オオムラサキとサツキ 変化に富んだ花の色 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

掲載号:2020年4月30日号

  • LINE
  • hatena
富岡西に咲くツツジ
富岡西に咲くツツジ

 オオムラサキ(以下「ツツジ」で表す)やサツキの花の色合いは、実に変化に富んでいます。紅紫色、濃ピンク色、淡ピンク色、白色を基調とした単色の花、そしてこれらの花に赤、ピンク、白の絞り模様の花、また一つの花で赤と白が半分ずつや4半分ずつの花等が見られます。いずれも花の組織に赤と白の色素が含まれ、その組み合わせで花色が決まります。また遺伝子の変化で絞り模様になったり、生長点の細胞が2つに分かれる時に突然変異を起こしたりして表れてきます。

 一般にツツジはサツキより約1か月早く咲き出します。名の由来の一つに、花が続いて咲いていくため「つづき咲き」、花が筒状になっているため「筒咲き」があります。漢字の「躑躅」は中国の漢名「羊躑躅」(テキチョク)からとったもので、有毒成分を含み羊がこの葉を食べると足踏みして死ぬといわれています。

 サツキの原種は渓流植物なので、葉は流水に適した流線型をしています。江戸時代には「杜鵑」(トゲキ)と表しました。現在は、旧暦5月頃(現在の6月頃)に咲くため「皐月」となりました。
 

絞り模様(左)と赤白半分のサツキの花
絞り模様(左)と赤白半分のサツキの花

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

葉を噛むと歯が欠ける?

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ

葉を噛むと歯が欠ける?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

12月10日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク