金沢区・磯子区版 掲載号:2020年6月25日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第43回 オニグルミ 食用部は葉の変化 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

掲載号:2020年6月25日号

  • LINE
  • hatena
オニグルミの果実=上中里町
オニグルミの果実=上中里町

 都市部でも見られるクルミの仲間に「オニグルミ」があります。お菓子に使われるクルミは「カシグルミ」(ペルシャグルミ)で、欧州東部からアジア西部に産します。

 四世紀頃中国の胡は漢字で「胡桃」と表し、日本へは呉の国から渡来したため「呉実」(クレミ)と呼ぶようになり、転訛して「クルミ」と名付けました。

 硬い殻が左右2つに割れるように、中の種子に相当する食用部分も2つに分かれています。これは、発芽するときの最初の葉(子葉という)になります。この食べる部分は凹凸が激しいクルミほど味が良いといわれています。

 クルミは雌雄同株で雌花序は丸みを帯びているため、「丸くなる」ことから「めでたい木」とされ、葉は小正月(1月15日)には門口に立てて、「祝いの木」としました。そして材から大小の刀を作り、トンド焼きで先端を焦がし、軒にさして邪気を払う「呪力を持つ木」とされました。
 

雌花(右)と雄花(左)
雌花(右)と雄花(左)

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

葉を噛むと歯が欠ける?

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ

葉を噛むと歯が欠ける?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

12月10日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク