金沢区・磯子区版 掲載号:2020年10月8日号 エリアトップへ

金子さんの草花の不思議発見!第47回 クズ 花はレッドワインの香り 文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

掲載号:2020年10月8日号

  • LINE
  • hatena
クズの花(写真上/能見台)とつる(同下/金沢市民の森)
クズの花(写真上/能見台)とつる(同下/金沢市民の森)

 秋の七草の「クズ」はつる性植物で、繁殖力が強く、1日に30cm以上も伸びていきます。茎はつる性のため、自分の体を支える必要がなく、その分のエネルギーを茎の伸長に使うことができるからです。

 花はレッドワインの香りがし、虫を引き寄せ、花の中央にある黄色の部分(蜜がある)へと導いていきます。この黄色の部分を「ガイドマーク」といい、蜜の在処(ありか)を示し、人には見えない紫外線を出して、これを識別できる昆虫に知らせています。

 万葉の時代から秋の七草のひとつとして数えられてきましたが、その当時の和歌では「ま葛延(は)ふ夏野の繁く…」というように、野の草が長く伸びて這って行くときの形容句として詠まれていました。

 昔から根はくず粉や葛根湯の材料として、食用や薬用に用いられ、茎の皮は織物として、茎と葉は家畜の飼料として利用され、その他観賞用や緑化にも役立つ有用な植物です。またどんな症状にも、葛根湯を処方する医者を「葛根湯医」と呼び、藪医者の代名詞に扱われていました。
 

果実(横浜自然観察の森)
果実(横浜自然観察の森)

金沢区・磯子区版のコラム最新6

「世界最高水準」掲げる

〈連載【16】〉市がIR実施方針案公表 IRと横浜

「世界最高水準」掲げる

1月7日号

この花 栽培してはダメなの?

金子さんの草花の不思議発見!最終回 特定外来生物(植物)

この花 栽培してはダメなの?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

1月7日号

「ウシウシウッシッシ」

「ウシウシウッシッシ」

金沢動物園 干支コラム

1月1日号

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

 新年コラム 算命学教授に聞く

2021年(辛丑)は「始める・掴む年」

1月1日号

葉を噛むと歯が欠ける?

金子さんの草花の不思議発見!第49回 カクレミノ

葉を噛むと歯が欠ける?

文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇

12月10日号

20万8千筆の署名提出

〈連載【15】〉住民投票求める市民団体 IRと横浜

20万8千筆の署名提出

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク