金沢区・磯子区版 掲載号:2021年7月15日号 エリアトップへ

いざ、全国の舞台へ【1】 金沢・磯子の出場選手を紹介

スポーツ

掲載号:2021年7月15日号

  • LINE
  • hatena
兼平選手
兼平選手

7月から8月にかけて各地で行われる全国大会。このコーナーでは、金沢区と磯子区から全国の舞台に挑戦する高校生と中学生を紹介する。

男子ハンマー投兼平涼一選手金沢総合高3年

 神奈川県予選で優勝、南関東大会で準優勝し、インターハイへの切符を手にした。しかし、記録は54m95と55m94で、地区大会で出したベストの57mに及ばなかった。

 「ターンと脱力がうまくできなかった。あと加速も…」と反省点を口にする。かみ合わない違和感を抱えながらも、練習を重ねる。三橋幸一コーチは「タイミングやコツを掴めれば、いきなり記録が伸びる競技。ここを乗り越えられれば」と期待を込める。大会の目標は60m超えの自己ベスト更新。「ベスト8を狙いたい」と力強く話した。

男子三段跳山下遥平選手男子やり投梅澤祥吾選手市立金沢高3年

 市立金沢高校陸上部からは、2人が初のインターハイ出場を決めた。

 南関東大会は幅跳と三段跳で出場した山下選手。初日の幅跳の失敗で逆に「緊張してもしょうがない」と開き直り、三段跳1本目でベストの14m69を跳んだ。現在の課題は助走と跳躍時のスピード。「技術を細かいところまで突き詰めて、1年の時から大きな目標としていた15mを超えたい」と話した。

 やり投は高校から始めたという梅澤選手は、1年前は関東大会出場を目標にするレベル。しかしここ半年で一気に記録を伸ばした。「2年の冬から練習動画を撮り始めた。悪いところをその日に直すようにしている」と飛躍の要因を話す。その成果か、最近は大会ごとにベストを更新しているという。今の調子で記録を伸ばし、「決勝に進んで、表彰台にのぼりたい」と意気込む。

山下選手(左)と梅澤選手
山下選手(左)と梅澤選手

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

利用促進で飲食店支援

市補正予算案

利用促進で飲食店支援 経済

消費者に5%分還元

9月16日号

小幡正雄氏が死去

小幡正雄氏が死去 政治

11期42年、市議務める

9月16日号

畑を彩る「磯子区の花」

畑を彩る「磯子区の花」 社会

氷取沢町の農業専用地区

9月16日号

今週末に野毛大道芸

今週末に野毛大道芸 文化

感染症対策施し、屋内開催

9月16日号

七志が「夢のらーめん」再現

お絵かきコンテスト

七志が「夢のらーめん」再現 社会

最優秀賞に汐見台小の宮田さん

9月16日号

金沢区民の作品募集

金沢区民の作品募集 文化

11月の文化祭で展示

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月26日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook