金沢区・磯子区版 掲載号:2021年11月25日号 エリアトップへ

社員が幸せな企業に 大松運輸 代表取締役社長       仲松秀樹さん(48)

経済

掲載号:2021年11月25日号

  • LINE
  • hatena

 金沢区磯子区で活躍する経営者を紹介する「社長列伝」。今回は金沢区幸浦にある大松運輸の仲松秀樹代表取締役社長に聞いた。

◇   ◇

 創業者の父親から会社を継いだのは、33歳の時。当時は社員約20人の会社だった。就任当初は、一人で販路を切り拓き会社を大きくしてきた父親と「同じことをしなければ」というプレッシャーと、できないジレンマに苦しんだ。考え抜いてたどり着いた答えは「自分のできるとこまでやろう」。顧客を増やすため、インターネット黎明期にホームページを開設し、「建材専門の運送業」という自社の強みをアピールした。

働きやすい環境整備

 「きつい」「給料が安い」「休めない」など負のイメージが強い運送業。そんなイメージを払拭し社員が幸せになる働き方を仕組みとして作ろうと、40周年を迎えた一昨年、未来に向けた3つの施策を発表した。

 1つは「アスリート応援採用」だ。社会人アスリートが競技をしながら仕事と両立ができるような環境を整備し、生活と将来の安定を図れる環境整備を目指す。現在この採用で働く社員は7人。女性社員も活躍する。

 また、新入社員の離職率を抑えるため、トレーナー制度を導入。新卒なら1年以上は指導する社員と組んで、安心して仕事を覚えられる体制を整えた。さらに今年から、顧客を増やし単価を上げようとエリア配送を開始。金沢区、瀬谷区、平塚市の事業所を拠点とし、新規開拓を目指す。社員の給与増につなげたい考えだ。

 すべての施策に流れるのは、「運送業は人がすべて」という思い。約100人の社員がひとり一人が生き生きと仕事をできるよう、まい進する。

■大松運輸=金沢区幸浦2の14の2、【電話】045・752・9533

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

チーム設立を横浜サッカー協会に報告

【Web限定記事】横浜副都心ALBATZ FC

チーム設立を横浜サッカー協会に報告 スポーツ

8月18日号

「山口家文書」を読み解く

【Web限定記事】神奈川県立金沢文庫(横浜市金沢区)で特別講演会

「山口家文書」を読み解く 文化

千葉大・佐藤博信名誉教授が講演

8月18日号

8月22日、防災ママカフェ

8月22日、防災ママカフェ 社会

備蓄食の体験も

8月18日号

地域と共に歩む

区内奉仕団体 今年度の新会長インタビュー

地域と共に歩む 社会

8月18日号

未就学児向け野球大会

未就学児向け野球大会 スポーツ

9月に長浜公園で

8月18日号

坂東工さんがライブペインティング

【Web限定記事】

坂東工さんがライブペインティング 文化

金沢区鳥浜町の高級家具店で

8月18日号

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月7日0:00更新

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook