神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

音声で地域情報を配信 西柴団地で実証実験

経済

公開:2024年2月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

 スマートフォンやパソコンなどで情報を得ることが難しい高齢者などにも地域情報を提供しようと、金沢区の西柴団地自治会(山田佳一会長)で実証実験が行われた。

 この取り組みは、同自治会と同区福浦に横浜技術センターを構える三愛電子工業(株)(寺井一郎代表取締役社長)が連携したもの。同社が持つ情報発信の仕組みや機材を活用し、自治会員に音声で情報を提供する試みだ。

 使用した機材は、同社のグループ企業が開発した情報受信端末「キューブ」。インターネットと電源を接続するだけで利用が可能。音量調節のつまみと聞き直しボタンのみの仕様のため、どんな人でも容易に操作ができる。情報はパソコンから入力することで、インターネットを通じて各端末へ配信。端末に情報が届くと随時音声で読み上げられる。音声が届いている状況は光の点滅で知らせる仕組みで、ボタンを押すことで聞き直すこともできる。

新たな伝達手段に

 実証実験では同自治会員の10人の自宅に、1月22日から2週間にわたってキューブを設置。同自治会のホームページに掲載しているような防犯情報や自治会便りの発行といった情報、西柴地域ケアプラザの協力で講座情報などを配信した。

 実験期間中にキューブの情報をもとにケアプラザの講座を知って参加した人もおり、「ボタン一つで聞き直しができるのが良く、音声も聞きやすいと好評だった」と山田会長。端末への情報発信役を担った同自治会の金田頼明さんは「自ら情報を得ることが難しい人への新しい発信の手段になりうると思う」と話す。

 今後、同社は実験参加者へアンケートを行い、その声をもとに改良を重ねて実用化を目指す。寺井社長は「情報を受けた方が、どう動くかが大切。多くの人に使ってもらえる仕組みにしていきたい」と話した。

金沢区・磯子区版のローカルニュース最新6

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

フォトコン入賞作を展示

横浜市

フォトコン入賞作を展示

横浜港と客船 テーマに

4月11日

横浜市が50歳以上対象に無料で「もの忘れ検診」

横浜市が50歳以上対象に無料で「もの忘れ検診」

認知症早期発見へ簡易検査

4月11日

15歳以下チームが初優勝

横浜ビー・コルセアーズ

15歳以下チームが初優勝

全国48チームの頂点に

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook