港南区・栄区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

中学生が手術を体験 南部病院がセミナー

超音波メスで切除体験をする田邊さん(左)とサポートをする中村さん
超音波メスで切除体験をする田邊さん(左)とサポートをする中村さん

 目指せ、未来の医師―。済生会横浜市南部病院(今田敏夫院長)は8月18日、中学生に外科手術を体験させる「ブラック・ジャック・セミナー」をジョンソン・エンド・ジョンソン(株)との共催で実施した。

 このセミナーは中学生が実際の医療現場を体験することで、医療について興味を持ってもらうことが目的。そのため、同病院で活躍する医師らが指導し、使用する器具も本物。当日は手術用の衣服を着用した港南区内の中学生37人が6グループに分かれ、心肺蘇生や手術の縫合などに挑戦した。その中でも、超音波メスで人体に模した鶏肉を実際に切除したり、内視鏡体験では、画面を見ながら狭い空間内に置かれたビーズを移し替えるなど、本格的な内容に中学生は真剣な面持ちで取り組んでいた。

 参加した上永谷中学校3年の田邊芳奈さんは「医師になりたいと思っていて、いい経験になればと参加した。体験をして医師になりたいという思いが強くなった」と話し、同中3年の中村凌さんは「命を救うことは難しいことが分かった。人の役に立つ仕事に興味がもてるようになった」とそれぞれ感想を語った。

 セミナーを担当した池秀之副院長は「これをきっかけに医療に興味を持ち、この仕事に携わってもらえれば」と期待したほか、「中学生に教えることは我々も勉強になった」と語っていた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク