港南区・栄区版 掲載号:2012年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

お寺で怪談 金原亭馬治さんが出演

寄席には多くの人が参加した
寄席には多くの人が参加した

 地域の居場所づくり等を行っている地域交流拠点「さわやか港南」は上永谷にある貞昌院の本堂で8月18日、「さわやか寄席」を開催した。

 これは地域住民に気軽に落語を楽しんでもらおうと開催されているもので、4年目となる今回は暑い夏を涼しく過ごしてもらおうと怪談をテーマに企画。当日は二ツ目の落語家、金原亭馬治さんが出演し、明かりを落とした本堂で、ろうそくの火をともして「死神」をはじめとする3本の演目を披露した。

 会場に集まった地域住民は、声色が次々と変わる馬治さんの熱演ぶりに聞き入り、笑い声が響く場面も。寄席を終えて馬治さんは「かつて人々のコミュニティの場所であったお寺の本堂でできることに意義がある。ホールでやる寄席とは違った楽しさ。お客さんと顔が近い」と感想を話していた。
 

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク