港南区・栄区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

公益社団法人「神奈川県宅地建物取引業協会」横浜南部支部の支部長として再任された 山野井正郎(まさお)さん 東永谷在住 70歳

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena

「世のため、人のため」

 ○…南区・港南区・磯子区・金沢区の不動産事業者487会員を擁する南部支部の支部長として、4期目をスタートさせた。昨年4月の公益法人化から1年。「社会貢献事業を軌道に乗せ、次世代に引き継いでいきたい」と意欲を見せる。

 ○…生まれも育ちも上大岡。鎌倉時代から続く家柄で、先祖は上大岡村の名主を代々務めた名家だ。南高を卒業後、横浜市役所へ入庁。南区役所で働きながら関東学院大で建築を学ぶ。転機が訪れたのは約40年前。親族が所有するビルを管理するため(株)山野井を設立した。入居者の悩みを聞くうちに「地域の相談窓口のようになって」と、不動産も扱うように。「不動産の売り手と買い手、双方に幸せをもたらすかどうか。それが仕事の基準」。この思いは今も変わっていない。

 ○…長年にわたって地域の懸案だった再開発に上大岡中央商店街の会長として関わる。地元と京浜急行、横浜市の三位一体で議論を重ね、線路上を有効活用するなど、横浜市で初めてのアイデアも取り入れて「ゆめおおおか」は誕生した。再開発に先鞭をつける一方で、「上大岡マスタープランの会」を設立して駅周辺のセットバックを定め、歩行者の安全に配慮した街づくりを主導するなどハード面の整備に尽力。ソフト面では30年以上前から大岡川の川掃除に取り組み、毎年8月15日には慰霊と平和を願って灯籠流しも実施。富山市の「おわら風の盆」に倣って越中おわら節を上大岡でも根付かせるなど街の文化醸成に関わってきた。街の変化、可能性を最も間近で見てきた1人だ。

 ○…宅建協会は公益法人として地域に密着した社会貢献が求められる。一般消費者への講演会などもその1つだが、独居老人の見守りや暴力団の排除など、住みやすい街のための活動も多岐にわたる。だが、エリアは広がっても街への思いは変わらない。座右の銘は「世のため、人のため」。その手腕に期待がかかる。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

川田 将之さん

この春から豊田地域ケアプラザ(栄区飯島町)の所長を務める

川田 将之さん

戸塚区在住 46歳

6月17日号

山崎 美奈子さん

監督・音楽を手がけた音楽劇「一獣一彩」を6月26日にあーすぷらざで公演する

山崎 美奈子さん

栄区東上郷町出身 41歳

6月10日号

白川 正信さん

来年4月に「栄区スポーツ協会」へと名称変更する栄区体育協会の会長

白川 正信さん

栄区飯島町在住 69歳

6月3日号

小林 優希さん

ミス日本コンテストで「みどりの女神」と「ミス着物」をダブル受賞した

小林 優希さん

市内在住 21歳

5月27日号

臼井 瑞穂さん

港南区に館銘板を寄贈した日野石材工業協同組合理事長の

臼井 瑞穂さん

日野中央在住 57歳

5月20日号

金枝 洋平さん

今年4月に笠間地域ケアプラザの所長に就いた

金枝 洋平さん

藤沢市在住 44歳

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter