港南区・栄区版 掲載号:2016年6月2日号 エリアトップへ

1日に開所した横浜医療福祉センター港南のセンター長を務める 根津 敦夫さん 戸塚区在住 57歳

掲載号:2016年6月2日号

  • LINE
  • hatena

当事者家族の思い 背に

 ○…横浜医療福祉センター港南は重症心身障害児者を対象に、長・短期の入所ケアと専門医療などを提供する施設。全国初となる少人数制の家庭的な生活の取り組み「ユニットケア」の導入をはじめ、日中活動を充実させる面や施設の立地面など、当事者家族のニーズを多く取り入れた。小児期発症の慢性神経疾患を対象とした専門クリニックも特徴の1つ。「18歳で初めて歩けるようになった脳性麻痺の患者もいる。だからこそ、生涯一貫して診療し続けるクリニックが必要」

 ○…完成前、横浜市の重症心身障害児者施設のベッド数は全国の政令指定都市でワースト3。ベッドが空くと、高齢になった保護者が一斉に申し込む状況だった。横浜市立大学で准教授をしていた50歳のとき、横浜療育医療センター(旭区)のセンター長をしていた上司から後任に指名された。大学に残りたい気持ちもあったが、現場に長くいたからこそ障害児者の継続した治療の難しさを知っていた。「自分がトップになれば、理念を実現できるのでは」。後任を引き受け、外来を強化したほか、市に新たな施設増設を提言。設計にも携わり、約7年間の構想がついに実現した。

 ○…「何か技を持ち、社会貢献ができる仕事」と医師の道へ。横浜市大医学部へ進学し「子どもを亡くす病気を1つでも減らしたい」と小児科を専攻した。「中でも圧倒的に多く、治らないとされるのが脳神経の病気。高い山に登る気持ちで挑戦したかった」。小児神経学を専門とし、卒業後は県立こども医療センターや民間病院で経験を積んだ。「重い障害があるからと分け隔てて考えたことはない。人間の命はいつどうなるか分からないから、尊い」

 ○…息抜きはゴルフ。「気持ちが鍛えられるところが面白い。突然の不運にも動揺してはいけないのが、経営に似ている」と笑う。当事者家族をはじめとした多くの思いを背に、新たな一歩を踏み出した。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

藤井 謙宗(けんそう)さん

(株)横浜スタジアムの代表取締役社長として今年、五輪会場の管理運営を担う

藤井 謙宗(けんそう)さん

53歳

1月16日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月9日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 19歳

1月1日号

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

10周年を迎えた(一社)日本ヒューマンビートボックス協会の代表理事を務める

TATSUYAさん(本名:和田辰也さん)

横浜市在住 34歳

12月19日号

名取 正暁さん

市消防局が制作した火災予防絵本の原作者で、予防部長の

名取 正暁さん

保土ケ谷区在住 57歳

12月12日号

椿 義治さん

永谷地区センター「オータムブラスフェスティバル」にゲスト出演した

椿 義治さん

飯島町在住 35歳

11月28日号

森 敬斗さん

ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから1位で指名された

森 敬斗さん

青葉区在住 17歳

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク