港南区・栄区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

ひぎり連合自治会の会長に就任した 齋藤 史明さん 日限山在住 76歳

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena

出会いを楽しむのが原動力

 ○…「この地域をもう一度、活気づけたい」。そんな思いで大役を引き受けた。日限山地区は宅地開発が始まってからおよそ50年。高齢化が進み人口も減る中、まちの舵取り役として役割は大きい。地域の合言葉『住んでよかった日限山。これまでも、これからも、いつまでも』を継承し、「相互扶助」「思いやり」「健康維持」をテーマに掲げた。「向こう三軒両隣、仲よく助け合うことが大切。あいさつの励行を進めたい」

 ○…日限山に居を構えたのは1972年。その風光明媚な土地柄に惹かれた。「山があって眺望がいい。そして知らない人同士だったけれど、住民同士の交流が盛んだった」。2男1女の子どもに恵まれ、ずっと地域にかかわる活動を続けてきた。少年野球の監督や地元の自治会長として地域活動に尽力し、港南区小学生野球連盟の会長や日限山コミュニティハウス利用運営委員会会長も歴任した。「ここには大切なつながりがある。それは奉仕の世界。皆さんが感謝する気持ちを大切にやってきた」

 ○…穏やかな口調で物腰が柔らかい。とにかく「気遣いの人」だ。24歳で脱サラし、産業機械販売商社を創業した。大企業との取引を次々と結び、従業員100人、国内営業所14カ所、海外1カ所の企業にまで育てた。経営でも信念は「お客様への感謝。人との出会が大切」。経営を長男に引き継ぎ、今では第一線から退いて会長職に就く。社員一人ひとり、誕生日にメールを送るという気遣いも欠かさない。「厳しく接したとしても次の日にはフォローすることが大事。それでないと人はついてこない」

 ○…人から頼まれたら断れないのが性分で、「出会い」こそが原動力だ。カレンダーに書き込まれたスケジュールは今でもびっしり埋まっている。家庭サービスも気にしつつ、「最後までやらないと気が済まない性格なんだよね」。地域の活動に奔走する日々の中で、出会いを楽しんでいる。

港南区・栄区版の人物風土記最新6

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 80歳

3月26日号

杉山 静枝さん

港南区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

杉山 静枝さん

日野南在住 72歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

坂巻 貴彦さん

プロピアニストとして国内外で演奏活動を行う

坂巻 貴彦さん

上大岡出身 28歳

2月27日号

なかむらしげこさん

シャンソン歌手として活動20年を迎え、バースデーコンサートを開く

なかむらしげこさん

港南台在住 70歳

2月20日号

植地 宏美さん

「お母さん業界新聞 横浜版」の編集長を務める

植地 宏美さん

磯子区在住 43歳

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク