港南区・栄区版 掲載号:2016年9月1日号 エリアトップへ

全中水泳 港南中が400リレーでV 須田さんは100自で大会新

スポーツ

掲載号:2016年9月1日号

  • LINE
  • hatena
優勝したメンバー(左から、荻野さん、河村さん、須田さん、渡部さん)27日、港南中学校で
優勝したメンバー(左から、荻野さん、河村さん、須田さん、渡部さん)27日、港南中学校で

 港南中学校水泳部が8月17日から19日にかけて行われた第56回全国中学校水泳競技大会の男子400mフリーリレーで優勝した。チームをけん引してきた須田悠介さん(3年)が個人種目でも男子100m自由形で優勝した。

 全国中学校水泳競技大会は毎年夏に開催され、中学校の水泳部の大会としては最高峰の舞台。今年は新潟県長岡市で開かれた。

 18日の50m自由形決勝には、これまでも数々の全国大会で優勝してきた須田さんが出場。自信を持って臨んだが、わずか0・09秒差の2位で優勝を果たせなかった。「悔しくてやりきれない気持ちになった。それでもうまく気持ちを切り替えられた」と須田さん。

 同校水泳部顧問の瀧谷日出刀教諭は「今回のリレーはチーム力が発揮された。須田君が50mで優勝できなかった悔しさの分、チームで金メダルを取ろうという思いがあった。そんなストーリーが勝ち取った今回の優勝だと思う」と話す。

 この日の最終で行われた400mフリーリレーは荻野倖太朗さん(1年)、渡部光海さん(3年)、河村駿佑さん(2年)、須田さんの4人が臨み、2位に3秒以上の差をつける3分39秒83で優勝を果たした。

 「3年間の思いが実った。それでも自分の目標としてきたタイムが出せなかったことが悔しい」と渡部さん。

荻野さんは「初めて全国大会で優勝できて涙が出た。全国大会の優勝の嬉しさは大きい」という。河村さんは「去年は自分のタイムを落として勝てなかった。今年は予選から決勝までタイムを上げることができた」と喜びをかみしめていた。

 大会最終日に行われた男子100m自由形では須田さんが51秒49の大会新記録で優勝し、50mの雪辱を果たした。須田さんは「(リオ・オリンピックで金メダルを獲得した)萩野公介選手たちに負けないスピードで泳げるようになりたい。オリンピックに出ることを意識している。世界で戦える選手になりたい」と話した。

 須田さん、渡部さん、荻野さんの3人は現在、ルネサンス港南中央のクラブチームとしても活躍している。金沢達也コーチは「リオ・オリンピックではルネサンスから池江璃花子選手(亀戸所属)や持田早智選手(幕張所属)が活躍してくれた。その勢いに続くように東京オリンピックを大きな目標にこれからの成長に期待したい」と話す。

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

福祉2施設に寄付

横浜港南RC

福祉2施設に寄付 社会

除菌庫など贈呈

5月26日号

女子リレーで県大会優勝

港南中陸上部

女子リレーで県大会優勝 スポーツ

「夏の全国で決勝に」

5月26日号

新たに公園情報追加

港南区デジタル観光マップ

新たに公園情報追加 社会

子育て応援ガイドを反映

5月19日号

国土交通大臣表彰を受賞

荒井沢市民の森愛護会

国土交通大臣表彰を受賞 文化

「みどりの愛護」功労者で

5月19日号

活動10年でNPOに

芹が谷市民団体

活動10年でNPOに コミュニティ社会

新たに配達弁当事業も

5月12日号

高齢福祉のサイト開設

横浜市

高齢福祉のサイト開設 社会

情報の「窓口」めざす

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook