港南区・栄区版 掲載号:2016年10月6日号 エリアトップへ

防災計画 放射性物質の対策見直し 修正内容を発表

政治

掲載号:2016年10月6日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は先月30日、放射性物質災害対策やアスベスト飛散対策、公共施設のつり天井の改修などを盛り込んだ防災計画の修正内容を発表した。修正に対する市民の意見募集を3日から開始した。11月2日まで。

 横浜市の防災計画は、地震や津波による災害の対策を定めた「震災対策編」、台風などによる洪水、崖崩れ、雪害などの対策を定めた「風水害等対策編」、大規模な事故や火災などの対策を定めた「都市災害対策編」の3編で構成される。今回修正したのは「都市災害対策編」と「震災対策編」。

 市内には原子炉などを保有する原子力施設はないが、「都市災害対策編」の放射性物質災害対策の内容を修正した。市域外の原子力施設で災害が発生した場合、気象予測や放射性物質の拡散予測の結果を参考情報に位置付けず、施設の状況や放射線のモニタリング結果などを踏まえて対策を行うように見直された国の原子力災害対策指針や神奈川県の防災計画の内容を反映させる。

 「震災対策編」では、新たに物流事業者との連携を図って供給体制を強化するほか、建物の倒壊や破損によるアスベストの飛散・ばく露対策の追加、公共施設の大規模な空間のつり天井を改修する取組を盛り込んだ。また、今年4月に再整備された横浜市民防災センター(神奈川区)を活用し、自助・共助の取組を促進させることも盛り込んだ。

 修正内容を記したパンフレットは各区役所総務課や市民情報センターのほか、横浜市のホームページでも閲覧できる。意見は電子メール(so-kikitaisho@city.yokohama.jp)かFAX(【FAX】045・641・1677)、パンフレットの専用はがきで提出することができる。
 

港南区・栄区版のトップニュース最新6

生徒と最後の展覧会

公田町刺繍教室

生徒と最後の展覧会 文化

主宰の藤森さん 40年に幕

10月14日号

町内会館で初の販売会

大久保最戸地区社協

町内会館で初の販売会 社会

障害者地域作業所と連携

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

子育て問題の映画上映

港南区主婦ら

子育て問題の映画上映 教育

10月16日 ウィリング横浜

10月7日号

2年ぶりのミニ文化祭

日野中央公園

2年ぶりのミニ文化祭 文化

ひの写真展も開催

9月30日号

道真像12年ぶりご開帳

永谷天満宮

道真像12年ぶりご開帳 文化

地元住民らが参列

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook