港南区・栄区版 掲載号:2017年11月30日号 エリアトップへ

「たまり場」 活動続けて20年 小菅ケ谷地区の高齢者支援

社会

掲載号:2017年11月30日号

  • LINE
  • hatena
関係者や利用者らが一堂に会し、節目を祝った式典(21日、小菅ケ谷地域ケアプラザ)
関係者や利用者らが一堂に会し、節目を祝った式典(21日、小菅ケ谷地域ケアプラザ)

 栄区小菅ケ谷地区で高齢者の交流の場づくりに取り組んでいる市民団体「たまり場こすがや」(田中富美子代表)の活動が今年で20周年を迎えた。節目を祝う式典が21日、小菅ケ谷地域ケアプラザで開かれた。関係者や利用者らが一堂に会し、活動を振り返りながら交流を深めた。

 「たまり場こすがや」は97年4月、地域の高齢化や独居高齢者の増加を背景に小菅ヶ谷第一町内会の有志らが「福祉について考えよう」と結成。ボランティアを募ったところ約50人集まったという。

 「人と人とのふれあいの中で、元気で楽しいひと時を過ごせるように」と、デイサービスのような地域住民の「たまり場」づくりを開始。当初は地元の町内会館の屋外にカマドをつくって料理を楽しんだという。

 同ケアプラザが完成してからは活動拠点を移し、「デイサービス」と題した終日の催しを月に1回開催。昨年までは「ひろば」と題した半日の催しも月に2回のペースで開催してきた。現在はボランティア30人、利用者33人が登録され、活動を続けている。

地域一丸でお祝い

 祝賀式典があったこの日は関係者や利用者らのほか、栄区の小山内いづ美区長や小菅ヶ谷第一町内会の田中健次会長、栄区社会福祉協議会の日浦美智江会長も出席しあいさつに立った。

 設立時に会長だった田中幸雄さんは「何よりも楽しむこと。ボランティアも楽しまないと意味がない。それをモットーにしてきた。今でもその意識が継承されている。高齢化が進む中、これからも大いに頑張ってほしい」とエールを送った。

 利用者の女性は「利用者が喜ぶようにと毎回考えいただき感謝している。皆さんの気持ちを忘れない」と話した。

 田中富美子代表は「20年という道のりは長く、皆さんの支えがあってこそ続けることができた。感無量の思い。次へどう引き継ぐか、これからの活動が大切」と話している。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

「未来の形」官民で議論

野庭団地・住宅

「未来の形」官民で議論 社会

遊水地活用など議題に

10月21日号

プレミアム商品券を販売

本郷台駅前2商店会

プレミアム商品券を販売 経済

23日にはプロレスも

10月21日号

生徒と最後の展覧会

公田町刺繍教室

生徒と最後の展覧会 文化

主宰の藤森さん 40年に幕

10月14日号

町内会館で初の販売会

大久保最戸地区社協

町内会館で初の販売会 社会

障害者地域作業所と連携

10月14日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

子育て問題の映画上映

港南区主婦ら

子育て問題の映画上映 教育

10月16日 ウィリング横浜

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

  • 9月23日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook