港南区・栄区版 掲載号:2018年6月28日号 エリアトップへ

高校野球 「監督を知って面白さ深く」 港南台・大利さんが新刊

スポーツ

掲載号:2018年6月28日号

  • LINE
  • hatena
新著を手にする大利さん
新著を手にする大利さん

 間もなく始まる夏の高校野球選手権大会。「第100回」という記念大会の今年、神奈川大会は南北に分かれ、2校が甲子園に出場する。

 そんな中でこのほど、神奈川県を中心に中学・高校野球の取材を続けるスポーツライターの大利(おおとし)実さん(41歳/港南台出身)が、自身6冊目となる著書「激戦 神奈川高校野球 新時代を戦う監督たち」(インプレス社)を刊行した。全国大会の出場実績も多い横浜高校(平田徹監督)や東海大学付属相模高校(門馬敬治監督)など、県内14校の監督にスポットを当てて各チームを紹介している。

 「高校でいえば、選手は3年しかいないけれど、監督はずっと続けるケースが少なくない。追い続けていると、監督ごとのカラーや監督同士のつながりなど、大河ドラマのような深い面白さがある」と大利さんは語る。

筒香&松井選手も登場

 またスペシャルインタビューとして、かつて高校球児として神奈川大会を戦った横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手(横浜)や東北楽天ゴールデンイーグルスの松井裕樹投手(桐光学園)も当時を振り返る。

 四六判で全400ページ。全国の書店やインターネットサイトで購入できる。詳細はインプレスブックスのサイト(https://book.impress.co.jp/books/1117101122)を参照。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

休校中の子どもにカレー

野庭地区

休校中の子どもにカレー 社会

老舗専門店と社協

4月2日号

閉校しても「思い出を胸に」

閉校しても「思い出を胸に」 教育

野庭中出身・伊澤さん

4月2日号

思い出に残るマラソン大会1位

野庭中OBサッカー元日本代表・坂田さん

思い出に残るマラソン大会1位 社会

4月2日号

湯立神楽で「無病息災」

永谷天満宮

湯立神楽で「無病息災」 文化

4月2日号

まちづくり方針を改定

栄区

まちづくり方針を改定 社会

「空家対策」「森の魅力」追記

4月2日号

県が男性育休ガイドを発行

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク