港南区・栄区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

瀬上市民の森 開園40周年をお祝い 埋まる池問題も改めて提起

社会

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena
あいさつに立つ高橋会長
あいさつに立つ高橋会長

 栄区上郷町の「瀬上市民の森」の開園40周年を祝う式典が6日、JA横浜本郷東支店で開かれた。地権者や愛護会のメンバー、関係者らが参加し、節目を祝った。また、シンボルともなっている瀬上池をどう守っていくか、これからの課題への認識を深める場ともなった。

 「皆さんの協力があってこそ。地域の文化として多くの方が労働力を提供してくれた。地域の結束力が生んだ森。地域の人にとって心の豊かな人生につながるといい」と話すのは瀬上市民の森愛護会の高橋昭義会長。

 瀬上市民の森は1978年に「市民の森」に指定された。翌79年に愛護会が設立され、市内11番目の市民の森として開園した。現在は横浜市の買収分を含めて48・2ヘクタールあり、現在38ある開園中の市民の森の中で3番目の広さを誇る。

 シンボル、瀬上池は江戸末期につくられた農業の用のため池で谷からの湧水が注ぐ。瀬上沢沿いは田んぼなどの里山の景観が守られ、湿地や草地、樹林地など多様な自然環境をつくっている。

 この日の式典には森の保全に取り組んできた愛護会のメンバーやボランティア団体「瀬上さとやまもりの会」のメンバーのほか、JA関係者や行政職員、地元選出の議員ら50人以上が参加。これまでの経過を振り返る説明や市から愛護会に対する感謝状の贈呈があったほか、祝賀会では飲食を楽しみながら親睦を深めた。

 あいさつに立った高橋会長は「当初は4人で草刈りや植樹をしていたこともあった。今では野鳥を見に来る人、写真を撮る人、ハイキングを楽しむ人など色々な人が来るようになった」と話し、一方で「多くの人が森に入るようになったことで散策路が踏み固められ、シンボルの池に土砂が入るようになって埋まりつつある。後世に残すためにもこの問題を解決しなければならない」と改めて協力を呼びかけた。

お祝いムードの中、進行する式典
お祝いムードの中、進行する式典

港南区・栄区版のトップニュース最新6

新たに公園情報追加

港南区デジタル観光マップ

新たに公園情報追加 社会

子育て応援ガイドを反映

5月19日号

国土交通大臣表彰を受賞

荒井沢市民の森愛護会

国土交通大臣表彰を受賞 文化

「みどりの愛護」功労者で

5月19日号

活動10年でNPOに

芹が谷市民団体

活動10年でNPOに 社会

新たに配達弁当事業も

5月12日号

高齢福祉のサイト開設

横浜市

高齢福祉のサイト開設 社会

情報の「窓口」めざす

5月12日号

港南に初のクラブ発足

中学硬式野球

港南に初のクラブ発足 スポーツ

杉田接骨院が全面協力

5月5日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月5日号

東京建物不動産販売横浜支店

簡単60秒!知り合いにも薦めたい「95%」評価の不動産会社で無料査定

https://sumikae.ttfuhan.co.jp/sell/lp_yokohama/?xadid=qr-yokohamalp-townnews

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月19日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook