港南区・栄区版 掲載号:2019年4月11日号
  • LINE
  • hatena

楽しみながら「全国クラス」 還暦野球の横浜港南クラブ

スポーツ

 還暦を過ぎても軟式野球を楽しんで――。港南区を中心に活動を続ける還暦古希軟式野球チーム「横浜港南クラブ」=写真=が3月21日、港南区体育協会から2018年度の優秀選手(団体)として表彰された。同チームは昨年の全日本還暦軟式野球選手権で準優勝を果たした。

80代のプレーヤーも

 60代から80代まで現在40人ほどが所属する横浜港南クラブは1997年の設立以来、「全日本選抜還暦野球選手権」での2度の優勝をはじめ、県や関東にとどまらず全国大会でも多数の実績がある。

 活動は港南台南公園での練習や試合など週に2、3日ほど。練習中は互いのプレーに「おい中途半端だぞ」など大きな声を響かせ、緊張感を楽しんでいる様子だ。

横高・Y校のOB多数

 その強さの理由の1つは横浜高校や市立横浜商業高校(Y校)、市立南高校など「強豪野球部出身者が多く、チーム全体のレベルを引っ張っている」と監督を務める村田隆雄さん(69)。プロや社会人野球で活躍したメンバーも在籍し、村田さん自身も横浜高校野球部で渡辺元智・前監督の教え子1期生として厳しい練習を乗り越えたという。

 だが必ずしもそんなメンバーばかりではない。村田さんは「いいチームを作ることが第一。勝つことだけだと、ヘタだのなんだのと雰囲気が悪くなる。せっかく還暦を過ぎて知り合って、みんな野球が好きなんだから、楽しいほうがいい」と語る。実際に横浜港南シニア軟式野球連合会(YKS)のリーグ戦は多くの選手が出場することに主眼が置かれているという。

 チームへの問い合わせは西田さん(【携帯電話】080・6725・3241)へ。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6件

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク