港南区・栄区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

初挑戦で「全国大会」出場へ 港南台剣道クラブ

スポーツ

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
県大会ベスト16になった港南台クラブのメンバー(右端が山岸さん)
県大会ベスト16になった港南台クラブのメンバー(右端が山岸さん)

 廃部の危機乗り越え全国大会初出場へ――。港南台第一小学校を中心に活動する「港南台剣道クラブ」が5月26日、寒川総合体育館で行われた第34回神奈川県道場少年剣道大会に出場し、小学生団体の部で全国大会出場を決めた。同クラブは創立44年の歴史があるが、この県大会への出場は初めて。

 部員減で4年前には廃部の危機もあった。少しずつ部員が増え、全日本剣道道場連盟に加入して全国を目標に据えた。代表の山岸正英さんは「初戦から接戦の多い厳しい大会。大事なのはこれから、だが目標を一つ実現できて良かった」と話す。

 団体戦メンバーは佐藤愛基士(あきと)君、佐藤良哉(りょうや)君、藤田謙臣(けんしん)君、亀井響紀(ひびき)君(以上、5年)、福士真宙(まひろ)君(6年)に控えの坂越恵梧(けいご)君(5年)を加えた6人。52の道場が出場し、港南台クラブは2回戦に勝ってベスト16入りを決め、全国大会の出場権を得た。

大将戦、残り数秒で

 その「2回戦」は先鋒から副将まで4戦4引分けで、勝敗の行方は大将戦に委ねられた。大将の福士君は「延長戦もあるから焦らず、守りながらチャンスがあれば打とう」と冷静に機会をうかがい、残り数秒の場面で一本を取って勝利した。続く3回戦も5試合で決着がつかず、代表戦となったが惜しくも敗退した。

 山岸さんは「なにより剣道が好きだという気持ちが大事。それを持ち続けられるよう声をかけながら、子どもたちが精一杯やっているのを信じて、見守らないといけない」と思いを語る。

 なお県大会では小学生の部で斉信館剣友会(港南区)が3位に入り、中学生の部で本郷総合剣道会(栄区)が3位に入り、全国大会出場を決めた。

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

保険の請求 財団が代行

全国初

保険の請求 財団が代行 社会

実証実験 生保16社に拡大へ

1月23日号

「港南台も時代の変わり目に」

「港南台も時代の変わり目に」 社会

連合自治会が賀詞交歓

1月23日号

自宅で最期を迎えるために

自宅で最期を迎えるために 教育

港南区3医師が講演

1月23日号

「身体を動かす楽しさを」

「身体を動かす楽しさを」 スポーツ

港南区体協が体操教室

1月23日号

「横浜が大きく開化へ」

「横浜が大きく開化へ」 政治

瀬之間市議、新春の集いで

1月23日号

パソコンで活動の幅広げて

パソコンで活動の幅広げて 文化

e-プラザが会員交流会

1月23日号

「一方向の支援ではなく」

「一方向の支援ではなく」 社会

栄区で災害時支援講演会

1月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク