港南区・栄区版 掲載号:2020年4月9日号 エリアトップへ

緑被率調査 栄区の緑地4割切る 市「下げ止まりの傾向」

社会

掲載号:2020年4月9日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は3月31日、2019年度の緑被率の調査結果を発表した。市内全体は5年前の前回調査から1ポイント減の27・8%だった。栄区は、最も減少率が大きい1・9%減の都筑区に次いで1・8ポイント減の38・8%となり、初めて4割を切った。港南区は1ポイント減で21・1%だった。

 緑被率はまとまりのある緑の総量を把握する指標。横浜市では5年ごとに調査を行い、航空写真から300平方メートル以上のまとまりのある緑を目視で判読し、市域・区域の面積に占める割合を算定している。

 40・3%だった1982(昭和57)年の横浜市の緑被率は調査ごとに減少している。1987(昭和62)年は36・0%で4割を切り、2009(平成21)年は29・8%で3割を切った。

 用地別にみると、樹林地が最も多く0・2ポイント減の16・7%で、次いで草地が0・3ポイント減の5・6%、農地は0・4ポイント減の5・5%だった。

 区別に見ると、最も緑被率が高いのは緑区で40・6%で次いで38・8%の栄区。最も低いのは11・3%の西区。18区全てで減少し、減少率が最も大きい都筑区は1・9ポイント減の30・0%で、減少率が小さいのは南区と磯子区の0・3ポイント減だった。

 横浜市では緑の減少に歯止めをかけるため、「横浜みどりアップ計画」を策定し、横浜みどり税を活用した緑の保全や創出に取り組んできた経緯がある。

 市環境創造局の担当者は「過去のデータから見て、下げ止まりの傾向にあると認識している。特に樹林地の減少幅が少なくなり、みどりアップ計画やみどり税の効果はあった」と話している。

港南区・栄区版のトップニュース最新6

企画展をウェブで公開

あーすぷらざ

企画展をウェブで公開 文化

休館受け、職員が初の試み

5月28日号

市、早期給付へ体制強化

特別定額給付金

市、早期給付へ体制強化 社会

「郵送」申請書発送開始へ

5月28日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

食育活動15年に終止符

【Web限定記事】

食育活動15年に終止符 教育

栄区の子ども支援農園

5月21日号

大臣表彰、栄区で2団体

大臣表彰、栄区で2団体 社会

みどりの愛護に功績

5月14日号

剣道稽古もオンライン

剣道稽古もオンライン スポーツ

日限山少年剣友会が毎日

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク