港南区・栄区版 掲載号:2020年7月30日号 エリアトップへ

歩道橋 命名権スポンサーを募集 市のネーミングライツ事業で

社会

掲載号:2020年7月30日号

  • LINE
  • hatena
港南台中央公園そばの港南台第一歩道橋
港南台中央公園そばの港南台第一歩道橋

 横浜市道路局はこのほど、市内に119カ所ある歩道橋に関し、ネーミングライツ(命名権)スポンサーを募集すると発表した。契約料は道路の維持管理費に活用する。

 港南区内では港南台中央公園そばの「港南台第一歩道橋」や野庭団地交差点に架かる「野庭東歩道橋」など14カ所が対象で、栄区内では笠間町に新設予定の「大船駅県道横断歩道橋(仮称)」が対象となっている。

 公設のスポーツ・文化施設などに企業名やブランド名を愛称として冠することができるネーミングライツ制度。2003年に東京都調布市の競技場が国内では初めてこの仕組みを使い「味の素スタジアム」となって以来、新たな自主財源確保の手法として制度を導入する自治体が増えている。当初はスポーツ施設や文化施設などで活用されることが多かったが、近年ではその幅が拡大。橋や道路、歩道橋などにもパートナーを募集し愛称が付けられるケースも増えてきた。

 横浜市では、施設の維持管理の財源の確保と民間企業などへの社会貢献の場を提供する目的で事業を展開。日産スタジアムをはじめ、8つの施設でネーミングライツを導入している。歩道橋では2018年4月にJR横浜駅西口のそばにある鶴屋町歩道橋(神奈川区)の命名権を鶴見区内の産婦人科医院が取得。「鶴屋町クレインズ歩道橋」と名付けられた。これが市内では初の事例となり、現在3カ所の歩道橋に愛称が付いている。

 命名権取得者は企業名(店舗名含む)や商品名などと企業ロゴを入れた愛称名を手すりや内側の主桁に標示することができる。問い合わせは同局計画調整部企画課(【電話】045・671・3532)へ。

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter