港南区・栄区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

小菅ケ谷小佐々木君 小中学生将棋で全国へ 関東ブロック代表に

文化

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena
関東代表として全国に挑戦する佐々木君
関東代表として全国に挑戦する佐々木君

 栄区の小菅ケ谷小学校5年生の佐々木翔君が12月に都内で行われる将棋の全国大会に出場する。全国各ブロックを勝ち上がった小中学生16人が出場するもので、佐々木君は「大会に出るからには優勝したい」と意気込む。

 佐々木君が出場するのはJ:COMと人気将棋漫画「3月のライオン」がコラボした将棋の全国大会。佐々木君は10月3日に行われた関東ブロック大会に出場し、150人の小中学生が参加する中でトーナメントを勝ち上がってブロック代表5人のうちに選ばれた。

 関東大会の代表権をかけたトーナメント決勝戦は大勢が見守る中の「席上対局」の形式で行われた。中学生を相手に序盤は劣勢だった佐々木君だが、落ち着きを失わずに終盤の一手で勝負を決めた。会場がどよめき、対局を見守っていたプロ棋士も感心するような「妙手」に、これまで地元で指導に携わってきた今野靖宣さんも「あの状況であの手を思いつくのはすごい」と成長を称えた。

「対局できるだけいい」

 今年は2月以降、コロナの影響で将棋もほとんどの大会が中止に。また通いなれた豊田地区センターや将棋会館といった施設も休館し、対面での将棋ができない状況が続いた。

 そんな中で佐々木君は詰将棋やアプリで将棋に触れていたほか、新たにオンライン教室でも習い始めた。夏以降は日本将棋連盟の「研修会」に入会し、対局の機会も増えていったという。佐々木君は「自分より強い人と打つのは刺激になるけれど、それより誰かと対局できるだけでうれしい」と思いを語った。

注文住宅からリフォームまで

ご予算・お住まいに応じたプランをご提案します。お気軽にご相談ください。

https://www.o-jk.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のトップニュース最新6

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

11月26日号

親子で楽しむ郷土史発行

港南歴史協議会

親子で楽しむ郷土史発行 文化

全頁にイラストや写真

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月19日号

静かにゆったり20周年

青空太極拳の会

静かにゆったり20周年 スポーツ

健康づくり、交流の場

11月19日号

大津前団長の受章祝う

港南消防団

大津前団長の受章祝う 社会

春の叙勲で瑞宝単光章

11月12日号

子と保護者に手話を

聴覚障害児支援

子と保護者に手話を 社会

県の事業、栄区内で始まる

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

港南区・栄区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク