港南区・栄区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

(PR)

京急メモリアル 葬儀も相談も「柔軟に」 家族葬や遺品整理など幅広く

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena
「お気軽にご相談を」と呼びかける上永谷斎場の品川さん※ご相談の際にはマスクを着用して対応しています
「お気軽にご相談を」と呼びかける上永谷斎場の品川さん※ご相談の際にはマスクを着用して対応しています

 新型コロナの影響で「新たな生活様式」への移行が試みられているなか、葬儀会社・京急メモリアルも従来からの変化に対応すべく、日々工夫を凝らしている。その中心に据えているのは変わらず、「信頼と安心感」だという。

 斎場入口での検温や、手指のアルコール消毒にはじまり、実際の葬儀の際にも参列者が密にならないように一つひとつの席の間隔をあける―。

 今年に入ってから、葬儀場でもこのような対応をとっているところが多いだろう。また従来は「通夜ぶるまい」として、参列者にささやかな料理をふるまうことが故人供養のために行われていたが、大勢が食事をともにすることを避けるため、持帰り弁当の用意やカタログギフトの贈呈に代えることも増えているという。

 京急メモリアル上永谷斎場の品川さんは「大切な故人とのお別れをするのに他の心配を少しでもしないで済むよう、できうる限りご希望に沿うことを大切にしています」と語る。

安心の担当者一貫制

 同社の特徴の一つは「担当者一貫制」。相談から葬儀まで、さらにはお墓や遺品整理の相談なども、担当者が一貫してより意向を汲み取った対応を可能にしている。

 コロナ禍にあっては複数のスタッフが担当する場合に比べ、感染リスクは高くないという。

 また同社の斎場は規模の大きな葬儀にも対応しているため、スペースが十分にあることにより参列者の席を離した葬儀が難しくなく、それも安心感につながっている。

 コロナに関わらず、近年は葬儀が小規模化の傾向があり、家族や親族のみで執り行うことも多い。またそれに伴い、従来の様式だけでなく、故人の好きな音楽をかけたり、宗教的な要素を少なくした「自由葬」も増えているという。

 そのため、「どこまで自由にしていいのか」という相談は多いという。京急メモリアルのスタッフは全員が1級葬祭ディレクターの資格を持っているため、文化や宗教に関する知識は確かだ。

 上永谷斎場の品川さんも「重要なのはご家族が互いを思いやる気持ちなのだと思います。家族が大切にしてきたものを大切にする、というのは尊い思いだと感じています」と語る。

 同斎場では現在、感染対策を徹底したうえで、個別相談会を随時受け付けている。葬儀の疑問など、お気軽に同斎場に相談してみては。

斎場スペースが広いため、間隔をあけることも可能
斎場スペースが広いため、間隔をあけることも可能

京急メモリアル 上永谷斎場

横浜市港南区上永谷5-1

TEL:0120-594-432

http://www.keikyu-memorial.com/

港南区・栄区版のピックアップ(PR)最新6

【タウンニュース春の特別号】

早期発見で中高年に光を

緑内障放置しないで

早期発見で中高年に光を

取材協力/かめざわ眼科

3月4日号

法テラスと無料相談会

3月20日午前10時から 県司法書士会

法テラスと無料相談会

石川町駅前の新会館で

3月4日号

車売るなら課税前に

タックス港南

車売るなら課税前に

丁寧・親身な地元店で

3月4日号

元気の出る法律相談(126)

石井誠弁護士が答える

元気の出る法律相談(126)

老親死亡後の障害者の資産管理

2月25日号

「お別れの場」改めて見つめ

京急メモリアル 上永谷斎場

「お別れの場」改めて見つめ

事前相談が増加傾向

2月25日号

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク