港南区・栄区版 掲載号:2021年3月25日号 エリアトップへ

高島屋 国内最大級の「デパ地下」誕生 パン売り場が好調

経済

掲載号:2021年3月25日号

  • LINE
  • hatena
増床の目玉となったパン売り場
増床の目玉となったパン売り場

 横浜高島屋が2019年9月から段階的に進めてきた地下食料品フロアの増床計画が完了し、最終エリアが3月8日にプレオープンした。グランドオープンは緊急事態宣言解除後の予定。

 増床エリアは高島屋の既存食料品フロアと一体的になるよう相鉄ジョイナス地下1階の一部に出店。これにより高島屋の食料品フロアは1・5倍となり、国内最大級の「デパ地下」の誕生となった。県内初の人気スイーツ店や惣菜店が多数出店し、SNSでも話題に。中でも今回の最終増床エリアの目玉は約40ブランド・500種類以上のパンを販売する「ベーカリースクエア」だ。

毎日が「パンフェス」

 中区元町の「ブラフベーカリー」や県内初出店といった人気の7店が常設されるほか、(株)ハットコネクト(西区)との共同開発で県内約30店のパンを集め、日替わりで販売。店主の写真付き紹介パネルと共に約200種類が店頭に並ぶ。「『毎日がパンフェスみたい』との声も多く、想定以上の反響。人気店と地元のパン屋を組合せた売場を実現できたのも百貨店だからこそ」と横浜高島屋の青木和宏店長。

 同売場での販売が知名度アップや販路拡大になるとして、地元パン屋の支援にもつなげていきたい考えだ。
 

㈱日本アメニティライフ協会

横浜市神奈川区菅田町315

https://jala.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter