中区・西区版 掲載号:2013年4月18日号
  • googleplus
  • LINE

大佛次郎特別展 没後40年 貴重な資料並ぶ 記念館で4月19日から

文化

▲横浜港を背に(1969年)
▲横浜港を背に(1969年)
 横浜の港町をこよなく愛した作家、大佛(おさらぎ)次郎。没後40年にあたる今年、港の見える丘公園内の記念館では4月19日から、特別展「大佛次郎と神奈川・未来へのメッセージ」が開かれる。展示内容は故郷「横浜」、居を構えた「鎌倉」、江の島などをはじめ親しみを持っていた「神奈川」の3部からなり、自筆原稿をはじめ挿絵原画、手紙など貴重な資料が並ぶ。7月15日まで。

 大佛次郎(本名、野尻清彦)は、1897(明治30)年10月9日に現在の横浜市中区に生まれた。7歳で東京に転居、東京帝国大学在学中に結婚し、卒業後は鎌倉に移り住む。鎌倉高等女学校(現、鎌倉女学院)の教師となり、その後は外務省にも勤務している。

 1923(大正12)年の関東大震災を境に経済的に自立するため、文筆業に専念。住居は鎌倉のままに、生まれ故郷である横浜のホテルニューグランドの一室を、10年ほど仕事場にしていたという。

 代表的な作品には時代小説の「鞍馬天狗」や「赤穂浪士」、明治時代の横浜の外国人居留地を描いた「霧笛」、現代小説の「帰郷」、ノンフィクションの「パリ燃ゆ」に未完の「天皇の世紀」などがあり、幅広い分野を手がけている。

 今回の特別展では、ホテルニューグランドの仕事場を、調度品などとともに再現。また、「霧笛」などの自筆原稿や日記、文士からの大佛宛て書簡などが展示される。

 大佛は、自然環境保護のために土地を買い上げる「ナショナルトラスト運動」を日本に紹介したことでも知られており、自身が収集したその運動関連の資料も展示される。大佛が鎌倉で積極的なトラスト運動を推進したことがきっかけで、「古都保存法」が制定(66年)された。

言葉に今日性あり

 特別展開催にあたり同館の福富潤子副館長は「大佛は、生涯を通して横浜や鎌倉などに対する郷土愛で溢れている。震災後、改めて地域を見つめなおすことが求められている現代において、大佛の残した言葉には、今日性を感じさせるものが多い」と話している。

 観覧は午前10時から午後5時30分まで。月曜日休館(命日の4月30日は開館)、大人200円、小中学生は100円。特別展の詳細は同記念館【電話】045・622・5002へ。

▶公園内の同記念館
▶公園内の同記念館

自治会町内会へ入ろう!

いざという時に一番の助けになる身近な存在、それが「自治会町内会」

http://www.naka-kurenkai.org/entry/

駅直結!桜木町ぴおシティ

おかげさまで50周年!3月29日~4月8日、ガラポン抽選会や半額セールを開催

http://www.piocity.com/

<PR>

中区・西区版のトップニュース最新6件

ごみ分別案内にAI導入

横浜市

ごみ分別案内にAI導入

3月29日号

今週末に開校

みなとみらい本町小学校

今週末に開校

3月29日号

震災の体験・いじめ知る

3.11復興支援講演会

震災の体験・いじめ知る

3月22日号

関内駅前に関東学院大

自治会に手作り頭巾贈呈

一本松小6年1組

自治会に手作り頭巾贈呈

3月15日号

「中区三師会」ロゴ決定

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク