中区・西区版 掲載号:2018年1月18日号
  • LINE
  • はてぶ

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと 黒沢 博さん 西区藤棚出身 69歳

何年目でも進行形

 ○…『3年目の浮気』でおなじみ、ヒロシ&キーボーのヒロシが藤棚出身だったとは。初主演映画『30年目の本気』は、幼少から育った藤棚商店街が舞台。「もともとは歴史にも残るような立派な商店街だった。おいしい総菜屋さんとか、いろいろあったんですよ」。少年時代は10円のお小遣いを握りしめ、久保町へナルトだけが入った20円のラーメンをよく食べに行っていた。現在は星川に住まいがあるが、映画を機に「また藤棚商店街が良くなるきっかけになればいいと思う」と期待する。

 ○…映画の副題は「いい年こいてロックンロール」。「僕はプレスリーに影響を受けて、ずっとロックンロールをやってきた。プレスリーの歌で歌えないのはないくらい。だからロックンロール。ちょうど69歳だしね」とユーモアもたっぷり。作中では高齢者たちがロック音楽に挑戦する。「何でも挑戦。『だって』なんて言ってちゃダメ。常に現在進行形でやっていきたい」

 ○…芸能活動は30年目どころか52年目。17歳で「寺内タケシとバニーズ」のボーカリストとしてデビュー。翌年には森永エンゼルパイのCMに出演するなど、アイドル的な人気だった。物語にも出てくる商店街の映画館は「もともと1階が八百屋で。そこの息子とバンドをやっていて、よく練習をやっていた。それがデビューのきっかけですよ」。中央卸売市場で早朝から働き、午後からは商店街で練習していた。

 ○…映画と同名のデュエット曲も昨年発売。「馬鹿いってんじゃないよ なんて言ったけれど」で始まる自身作詞の歌詞は、10年前から温めていた3年目の浮気から続くストーリー。「30年目にしてやっと『本気』になった。アンサーソングだと終わっちゃうから、でもまだ浮気心も持っているぜという進行形の歌」とのこと。「あと30年しか歌えないんだから」と、100歳を迎える次の「30年目」まで現役宣言した。

中区・西区版の人物風土記最新6件

長谷(ながたに) 裕子さん

2019年5月の世界大会に出場するDOLPHIN STARSチーム代表兼コーチ

長谷(ながたに) 裕子さん

10月18日号

天野 純さん

横浜F・マリノスで中心選手として活躍するMF

天野 純さん

10月11日号

魔夜(まや) 峰央(みねお)さん(本名:山田峰央さん)

今年デビュー45年、代表作『パタリロ!』がこのほど100巻を迎える

魔夜(まや) 峰央(みねお)さん(本名:山田峰央さん)

10月4日号

奥津 七海さん

インラインホッケー日本代表として出場し、アジア杯で優勝を果たした

奥津 七海さん

9月27日号

中田 眞智子さん

58人目の横浜マイスターに選定された美容師

中田 眞智子さん

9月20日号

笹原 延介さん

第1回「本牧ハワイアンフェスタ」の実行委員長を務める

笹原 延介さん

9月13日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク