中区・西区版 掲載号:2018年1月18日号
  • googleplus
  • LINE

初の主演映画『30年目の本気』が完成した、元ヒロシ&キーボーのヒロシこと 黒沢 博さん 西区藤棚出身 69歳

何年目でも進行形

 ○…『3年目の浮気』でおなじみ、ヒロシ&キーボーのヒロシが藤棚出身だったとは。初主演映画『30年目の本気』は、幼少から育った藤棚商店街が舞台。「もともとは歴史にも残るような立派な商店街だった。おいしい総菜屋さんとか、いろいろあったんですよ」。少年時代は10円のお小遣いを握りしめ、久保町へナルトだけが入った20円のラーメンをよく食べに行っていた。現在は星川に住まいがあるが、映画を機に「また藤棚商店街が良くなるきっかけになればいいと思う」と期待する。

 ○…映画の副題は「いい年こいてロックンロール」。「僕はプレスリーに影響を受けて、ずっとロックンロールをやってきた。プレスリーの歌で歌えないのはないくらい。だからロックンロール。ちょうど69歳だしね」とユーモアもたっぷり。作中では高齢者たちがロック音楽に挑戦する。「何でも挑戦。『だって』なんて言ってちゃダメ。常に現在進行形でやっていきたい」

 ○…芸能活動は30年目どころか52年目。17歳で「寺内タケシとバニーズ」のボーカリストとしてデビュー。翌年には森永エンゼルパイのCMに出演するなど、アイドル的な人気だった。物語にも出てくる商店街の映画館は「もともと1階が八百屋で。そこの息子とバンドをやっていて、よく練習をやっていた。それがデビューのきっかけですよ」。中央卸売市場で早朝から働き、午後からは商店街で練習していた。

 ○…映画と同名のデュエット曲も昨年発売。「馬鹿いってんじゃないよ なんて言ったけれど」で始まる自身作詞の歌詞は、10年前から温めていた3年目の浮気から続くストーリー。「30年目にしてやっと『本気』になった。アンサーソングだと終わっちゃうから、でもまだ浮気心も持っているぜという進行形の歌」とのこと。「あと30年しか歌えないんだから」と、100歳を迎える次の「30年目」まで現役宣言した。

中区・西区版の人物風土記最新6件

賀谷 恭子さん

中区で読み聞かせなどの活動を長年続けている

賀谷 恭子さん

6月14日号

三浦 はつみさん

横浜みなとみらいホールで開館以来の「ホールオルガニスト」を務める

三浦 はつみさん

6月7日号

山谷 朋彦さん

5月に横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月7日号

小西 祐子さん

第53回神奈川県看護賞を受賞した

小西 祐子さん

5月24日号

太田 孝さん

4月から中消防署長に就任した

太田 孝さん

5月17日号

宮川 淳一さん

4月から西消防署長に就任した

宮川 淳一さん

5月10日号

海野歯科医院【黄金町・阪東橋】

歯科口腔外科の専門医であり、顎関節症の治療が得意です!

http://www.umino-dc.com/

池野歯科医院(中区竹之丸55)

高齢者など病院に行けない方のために、訪問歯科診療を行っています!

http://ikeno-shika.com/

<PR>

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「幼稚園ってこんなところ」

中区説明会

「幼稚園ってこんなところ」

7月9日 個別相談も

7月9日~7月9日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク