中区・西区版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

県立歴史博物館 52年目に再開館 約2年の改修終え、28日から

文化

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena
建物は国の重要文化財に指定
建物は国の重要文化財に指定

 青銅色のドーム型屋根が印象的な、馬車道の神奈川県立歴史博物館。空調設備等の改修工事のため2016年6月から2年近く休館していたが、4月28日(金)に再オープンする。再開を記念し、30日(月・祝)までの3日間は入館料が無料になる。

 1967年に「県立博物館」として設立された同館。95年に自然科学系部門が県立生命の星・地球博物館=小田原市=に移転し、歴史博物館として再出発した。

 建物は旧横浜正金銀行本店として114年前に建設。国の重要文化財に指定されている。シンボルであるドームは関東大震災で焼失し、現在のものは戦後復元された。

 改修工事は95年の再編時以来。収蔵品の保管環境改善が目的で、室温22度、湿度55%前後の最適な収蔵環境となった。休館中には、相模人形芝居の衣装など常設展示品の修復も行われた。

若手学芸員の特別展も

 昨年の開館50周年は休館中だったため、再開に合わせて開館51周年記念の「つなぐ、神奈川県博」と題した特別展を7月1日(日)まで開催する。

 展示を企画したのは学芸員歴8年以内の若手5人。「ドーム・人・空間・研究・未来」の5つのテーマをつなぐ展示を、5人それぞれが担当。「人をつなぐ」がテーマの展示では、収蔵資料の製作者や資料を大切にしてきたコレクターなど、歴史やジャンルの垣根を越えた展示に挑戦している。

 一昨年の12月からテーマ決めや展示品選定などの準備を進めてきた。5人のリーダーを務める千葉毅さんは「それぞれが得意分野の枠を超えて取り組んだ。これまでの50年を振り返り、これからの50年を考えるきっかけになれば」と話す。

 開館時間は通常午前9時30分から午後5時まで。問合せは同館【電話】045・201・0926へ。

中区・西区版のトップニュース最新6

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

"野毛飲み"でおもてなし

パシフィコ横浜

"野毛飲み"でおもてなし 社会

ハマの魅力発信し、訪日客招く

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

官民連携でプログラミング

ノジマ

官民連携でプログラミング 教育

小学校必修化前に体験の場

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 経済

民間企業と連携

8月1日号

MMでアフリカ祭り初開催

MMでアフリカ祭り初開催 社会

高島中央公園で8月3・4日に

8月1日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 政治

検討会設置し、方向性探る

7月25日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でラッピング

夏休み企画

親子でラッピング

8月24日、石川町のカフェで

8月24日~8月24日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク