中区・西区版 掲載号:2018年5月10日号
  • LINE
  • はてぶ

中消防署 災害対策部隊の運用開始 開始日に公開訓練

社会

大型放水砲搭載ホース延長車。放水訓練の際にはまるで大雨のようになった
大型放水砲搭載ホース延長車。放水訓練の際にはまるで大雨のようになった

 市内の大規模な危険物災害へ対応するための部隊「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」が4月23日に運用が開始された。それに合わせ、同日に公開訓練が行われた。

 この部隊は東日本大震災を契機に市消防の緊急消防援助隊に創設された。同震災では危険物の流出やコンビナート火災が多発。そこでの消火活動の教訓を踏まえ、化学製品を生産する工場施設や装置など、エネルギー・産業基盤が立地する全国12地域で同部隊を編成することが「日本再興戦略改訂2015」に位置付けられた。横浜市には根岸製油所など大規模なコンビナート地域があるため、2018年3月29日に国からの無償貸与で配備された。

 この部隊は基本的に「大型放水砲搭載ホース延長車」と「大容量送水ポンプ車」の2台で編成されている。

 ホース延長車は通常の消防車両が毎分3千リットル分を放水するのに対し、毎分8千リットルを放水することができる。ポンプ車は車両上部にクレーンを搭載し、1Km先へ毎分4千リットルを送水可能だ。また、最大毎分5千リットルを取水することができる。

 この2つの車両の特性を活かし、コンビナートの火災だけでなく、市内の木造密集地火災にも有効活用するとともに、市外の水が使えない地域の消火活動等に活用されることが期待されている。

 公開訓練後、髙坂哲也消防局長は「大地震の大規模火災に有効。訓練を重ねてほしい」と話していた。
 

中区・西区版のローカルニュース最新6件

神社の小麦で「サブレ」

パン、菓子の「本牧館」

神社の小麦で「サブレ」

10月18日号

創業60年目に本館新装

タウンBiz経済ニュース

創業60年目に本館新装

10月18日号

食べきれない料理持ち帰りを

食品ロス削減推進

食べきれない料理持ち帰りを

10月18日号

幻のオオハラホール知っていますか?

横浜港の四季折々を楽しむ

横浜港振興協会

横浜港の四季折々を楽しむ

10月18日号

「プリキュア」みなとみらいに

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク