中区・西区版 掲載号:2018年5月24日号
  • LINE
  • はてぶ

本牧市民プール 再開に期待高く 地元で意見交換会

社会

 原因不明の漏水により2016年の夏から営業を休止している本牧市民プール=中区本牧元町。建替により22年度の再開をめざす市は5月19日、中区本牧の2カ所で地域住民との「意見交換会」を開催した。参加者からは営業時間の延長や高齢者の健康増進施設併設など、再開に向け期待する意見が寄せられた。市は来年度に事業者公募を予定している。

 砂浜の埋立にともない、海水浴場の代替の意味も含め1969年に整備された本牧市民プール。40年以上にわたり市民に親しまれてきたが、2015年11月に漏水が判明。市は翌年6月に調査を行ったものの原因の特定に至らず16年、17年と営業を休止していた。

 時を同じく市は設備の老朽化などを踏まえて「横浜プールセンター」=磯子区原町=とともに2つの市民プールの再整備を検討しており、設置の経緯に配慮し15年10月には両プールの存続方針を明確にした。

 再整備にあたり市は、民間のノウハウを活用するPFI事業を想定。敷地内に屋外プールと民間施設を整備し、事業者からは一体的な利用の提案を求めるとしている。

 5月19日には、利用者の意見を踏まえようと上台集会所=中区本郷町=と大鳥中学校コミュニティハウス=中区本牧原=の2カ所で意見交換会を開催。上台集会所では、参加者から民間委託による利用者負担増への懸念の声も上がった。その一方で、市民割引や補助券の導入、飲食施設の充実やスケート場としての利用など、市民のためのプール再整備に期待する意見が多数寄せられた。埋立前を知る参加者からは「将来的には砂浜に戻すという構想もあってもいい」という意見もあった。

 市は、意見概要を後日、ホームページに掲載し、事業者公募の条件として検討していく。

(右)建替えられる本牧市民プール(上)上台集会所での意見交換会の様子
(右)建替えられる本牧市民プール(上)上台集会所での意見交換会の様子

中区・西区版のトップニュース最新6件

全国から力作39点

海と船の絵本コンテスト

全国から力作39点

10月18日号

20年度開業に向け着工

JR桜木町駅前複合ビル

20年度開業に向け着工

10月18日号

所得制限緩和を検討

小児医療費助成

所得制限緩和を検討

10月11日号

中区の2人に栄誉

横浜文化賞

中区の2人に栄誉

10月11日号

活性化に「民間力」

日本大通り

活性化に「民間力」

10月4日号

認知症予防にDVD

中区

認知症予防にDVD

9月27日号

中区・西区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク