中区・西区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

夏祭りを多言語チラシで 外国につながる若者が翻訳

社会

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
7月27日にはボランティアが浴衣姿で夏祭りに参加
7月27日にはボランティアが浴衣姿で夏祭りに参加

 中区の山下町・新山下・元町の夏祭りを中国語と英語でPR―。そんな取り組みが初めて行われた。中区などに住む外国につながる若者が日本語のチラシ原稿翻訳に挑戦、地域に関心を持つきっかけにもなっている。

 チラシの翻訳は、中区役所別館1階にある「なか国際交流ラウンジ」が主体となって実施する中区多文化共生ボランティアによるもの。

 自治会町内会のイベントをはじめ、地域の防災訓練、住民説明会などに通訳者を派遣、または自治会町内会の紹介・チラシの翻訳支援を請け負う。昨年度までは有償だったが、中区が「多文化共生」推進を強化するため、今年度から予算がつき、無料となった。

 このボランティアは、6月に地区連合町内会および自治会町内会をはじめ、地域防災拠点運営委員会、地域社会福祉協議会などで周知。その効果もあり、まずは地域の夏祭りを外国につながる住民らに知ってもらおうと、依頼が舞い込んだ。今回の夏祭りのほかに、ラジオ体操の周知など2団体から依頼がきているという。

 ボランティアには約170人の登録があり20歳以上が中心だが、今回のチラシ翻訳にあたっては、外国につながりのある高校生と大学生が担当。サポートする国際交流ラウンジの中村暁晶館長は「地域に関心を持ってもらうためにも若い人たちにお願いした」と話す。

 翻訳を担当したみなと総合高校1年、プリフィカション・サマンサ・サンティアゴさん(15)=中区在住=は「漢字の意味が分からず難しかった。英語にしてくれてありがとうと思ってくれる人に届けば」と話していた。

 ごみの分別など生活に関わる情報を外国語で表記することについて、中村館長は「自分たちが歓迎されていると感じる」と、そのメリットを指摘。中区の担当者は日本社会の少子高齢が進むなかで、外国につながる若者たちの社会参画はますます重要と説明し、「多文化共生のためにも、地道な活動を続けていきたい」と話していた。

中区・西区版のトップニュース最新6

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

"野毛飲み"でおもてなし

パシフィコ横浜

"野毛飲み"でおもてなし 社会

ハマの魅力発信し、訪日客招く

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

官民連携でプログラミング

ノジマ

官民連携でプログラミング 教育

小学校必修化前に体験の場

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 経済

民間企業と連携

8月1日号

MMでアフリカ祭り初開催

MMでアフリカ祭り初開催 社会

高島中央公園で8月3・4日に

8月1日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 政治

検討会設置し、方向性探る

7月25日号

あっとほーむデスク

  • 8月15日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 8月1日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でラッピング

夏休み企画

親子でラッピング

8月24日、石川町のカフェで

8月24日~8月24日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク