中区・西区版 掲載号:2019年1月10日号 エリアトップへ

(PR)

健康管理に必要な生活習慣 コレットマーレ医療モール「みなとみらいケンズクリニック」 血管の老化の対策は? 取材協力/みなとみらいケンズクリニック 渡邊史郎院長

掲載号:2019年1月10日号

  • LINE
  • hatena
渡邊 史郎 院長
渡邊 史郎 院長

 Q・実年齢よりも血管年齢が高いと言われました。何に気を付ければ良いですか?

 A・血管年齢が高いということは、血管が老化し動脈硬化が進行していることを意味します。老化した血管は壁が硬く、厚くなり、弾力がなくなって脆くなります。また、プラークと呼ばれるコブができ、血管の内腔が狭くなると血液が通りにくくなります。動脈硬化が進行することによって脳卒中や狭心症、心筋梗塞など命に関わる重篤な病気を引き起こします。動脈は心臓や脳などの臓器や全身のすみずみに酸素や栄養を届ける重要な役割を担っているので、血管の老化は全身の病気ともいえます。

 血管を老化させる要因としては、肥満、喫煙、過度の飲酒、運動不足、睡眠不足などの生活習慣の要因の他、高血圧、高血糖、脂質異常などが関係しています。血管年齢を若く保つには、食べ過ぎ・飲み過ぎに気を付けて、内臓脂肪を減らすことです。そのためには、バランスのとれた食事を心がけて、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をおすすめします。汗ばむ程度に1日15分〜30分程度、無理のないように続けましょう。喫煙をしている方は禁煙をしましょう。また、規則正しい生活を心がけて質の良い睡眠をとりましょう。血管を老化させる原因を取り除き、生活習慣を改善することで、血管年齢の若返りにつながります。 まずはできることから始めましょう。血管年齢が気になる方は、医療機関にご相談ください。

医療法人社団健生会 みなとみらいケンズクリニック

〒231-8331横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい3階

TEL:045-651-2588

http://www.kens-clinic.jp/minatomirai/

中区・西区版のピックアップ(PR)最新6

新院長に遠田氏が就任

新横浜スパインクリニック

新院長に遠田氏が就任

「首、腰の手術に全力」

5月21日号

ドライブスルーで販売

本まぐろ直売所(横須賀市)

ドライブスルーで販売

「訳ありセット」大放出

5月21日号

オンライン診療を開始

オンライン診療を開始

発熱外来も

5月21日号

住みつつ売却、転居して新生活

教えて!右手代表【4】―2

住みつつ売却、転居して新生活

中古マンションで現地内覧も

5月21日号

住みつつ売却、転居して新生活

教えて!右手代表【4】―1

住みつつ売却、転居して新生活

中古マンションで現地内覧も

5月14日号

横浜市役所からのお知らせ

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    5月25日19:51更新

  • あっとほーむデスク

    5月25日19:15更新

  • あっとほーむデスク

    5月23日17:06更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク