中区・西区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

本牧市民公園 スケボーひろばが開設 裾野拡大に期待も

スポーツ

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena
プロによるデモンストレーションも=4月1日
プロによるデモンストレーションも=4月1日

 本牧市民公園に「スケートボードひろば」が4月1日にオープンした。2020年の東京五輪から正式種目となることで注目を集めているスケートボード。以前から施設整備を希望していた地域住民は、同競技人口の裾野拡大を期待する。

 開設したスケートボードひろばは、同公園の駐車入口に整備。駐車台数は311台から272台となった。

 広さは約470平方メートルで、地面はコンクリート舗装。フェンスで囲まれており、場内にはこう配の緩い「フラットバンク」と急な「クウォーターパイプ」、階段のような段差がある「マニュアルパッド」、金属製ポールの「フラットレール」、高さの低い二等辺三角形状の「バンクtoバンク」の5つの練習器具が設置されている。

 照明はなく利用は午前9時から午後6時(月曜と10月1日〜3月31日は5時)まで。同公園内の事務所で受付すれば誰もが利用できる(無料)。ヘルメットや肘や膝のプロテクターの着用は必須。

新たな本牧の魅力に

 4月1日には開設式が行われ、地域の住民をはじめ、新たに同公園の指定管理者となった横浜植木(株)の関係者、市の職員らが参加した。プロのスケートボーダー4人よるデモンストレーションも披露され、開設を祝った。

 本牧在住で以前から同施設整備を希望してきた山口明洋さん(42)は「誰もがスケートボードに親しめる場になれば」と話す。また、青少年の育成の場としての役割も期待していた。

 同公園の川名英御所長は今回の開設で「本牧の新たな魅力が生まれた。活気のある公園にしていきたい」と意気込む。

中区・西区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

横浜駅西口で認知症カフェ

横浜駅西口で認知症カフェ 社会

行政、地域、企業がタッグ

5月23日号

夢見た世界の頂点に

夢見た世界の頂点に スポーツ

本牧拠点のチアチーム

5月16日号

負担軽減にNPO設立

虐待被害児

負担軽減にNPO設立 社会

対応の一元化めざす

5月16日号

令和は「企業、市民が主体に」

令和は「企業、市民が主体に」 経済

みなとみらいの“見届け人”に聞く

5月1日号

初の世界大会へ

本牧拠点のチアチーム

初の世界大会へ スポーツ

小4〜高2の17人で挑戦

5月1日号

初の世界大会へ

本牧拠点のチアチーム

初の世界大会へ スポーツ

小4〜高2の17人で挑戦

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

関内の路上で楽しもう

5月26日

関内の路上で楽しもう

フード&ハイカラフェスタ

5月26日

中区・西区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク