中区・西区版 掲載号:2019年7月11日号 エリアトップへ

西区の多国籍交流拠点発 世界の朝食レシピを一冊に 高校生と小学生が挑戦

社会

掲載号:2019年7月11日号

  • LINE
  • hatena
レシピ本制作を支援するCoCの加藤功甫代表(右)と理事の中村典宏さん(カサコにおいて)
レシピ本制作を支援するCoCの加藤功甫代表(右)と理事の中村典宏さん(カサコにおいて)

 地元の高校生と小学生の2人を編集長に、レシピ本「世界の朝ごはん」の制作準備が進んでいる。

 この取り組みは、多世代多国籍交流空間「CASACO(カサコ)」=西区東ケ丘23の1=で毎月第2・4日曜日の朝に行われている異文化交流イベント「世界の朝ごはん」の第100回を記念するもの。

 同イベントの常連という西区在住の高校3年生アヤカさんと小学6年生のトウコさんの2人の女性が編集長を務める。制作費である100万円を確保するためにクラウドファンディングにも挑戦。7月14日まで寄付を募っている(詳細は【URL】https://a-port.asahi.com/projects/casaco/)。

 異文化交流イベント「世界の朝ごはん」は、各国の魅力的な朝食をたべながら外国人との交流を通して、その国の文化や歴史、価値観を体験し世界を身近なものにしようという取り組み。開催場所であるカサコには、外国人留学生や多国籍の旅行者が滞在しており「朝ごはん」では彼ら彼女らとの交流もできる。

 2、3年前から「世界の朝ごはん」に参加するアヤカさんとトウコさん。カサコのスタッフが本好きである2人の会話からレシピ本のヒントを得て制作を提案し、挑戦することになった。

 レシピ本は、これまでに提供された47カ国の朝食から30カ国を厳選。100頁程度で来年1月ごろの発行予定。各国の文化などを紹介する記事も盛り込む計画だ。

100回は「ミャンマー」

 第100回の7月14日は「ミャンマーの朝ごはん」。午前9時から10時30分まで。ミャンマーの紛争地域で人道支援に従事するカサコのメンバーによる特別講座も予定。参加費(朝食代)は500円。

 カサコは旅を元にした教育プログラムなどを展開するNPO法人「コネクション・オブ・ザ・チルドレン(CoC)」が運営する。
 

水上交通を体感!

11月8、10、16日は船で移動してみよう

https://hamabridge.jimdo.com/

葬儀の事前相談もお任せください

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

石川町に無人ホテル

中区の不動産コンサル会社

石川町に無人ホテル 経済

資産の有効活用に

1月16日号

飛躍願い集う

飛躍願い集う 社会

各団体の新年会

1月16日号

ベイスターズ発で関内に新たなアイデア

ベイスターズ発で関内に新たなアイデア スポーツ

「ネクストボールパークミーティング」

1月16日号

「子」探し干支ミニ展示

「子」探し干支ミニ展示 文化

横浜ユーラシア文化館

1月16日号

無料で訪問歯科健診

通院が困難な人へ

無料で訪問歯科健診 社会

1月31日まで

1月16日号

東京パラ内定選手が来校

戸部小学校

東京パラ内定選手が来校 教育

アスリート夫婦の高田さん

1月16日号

県内8カ所で献血啓発

相鉄と赤十字初コラボ

県内8カ所で献血啓発 社会

先着順に特製ファイル

1月16日号

直葬でも心ゆくまでのお別れを

横浜市西区の直葬、家族葬斎場・ラステル久保山 個室面会室付きでアクセスも良好

http://004400.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月16日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月28日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中区・西区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク