中区・西区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

西区岡野の小学生 「小児がんを知ってほしい」 治療体験などを絵本に

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
絵本を手にす榮島四郎さん
絵本を手にす榮島四郎さん

 小児がんの闘病体験などを紹介した絵本『ぼくはレモネードやさん』が、8月30日に生活の医療社=東京都=から発売される。原案は西区岡野の榮島四郎さん(平沼小6年生)が自身の体験をもとに手がけた。

 絵本はB5判(横本)、全40頁、オールカラーで税別1500円。文および絵は四郎さんによるもので、家族や出版社の意見を盛り込み加筆した。

 四郎さんは3歳で脳腫瘍を発症し、2度の手術、放射線治療、化学療法を経て5歳で退院。いまも定期的に成長ホルモンを注射するなど治療は続いている。

 絵本では、入院のため金環日食が観察できなかったことや病院で知り合った同じ小児がんの5人の話、また2016年に四郎さんが始めた「レモネードスタンド」でレモネードを販売する理由、その他にも小児がんに関するデータが子どもでも理解しやすいように紹介されている。

 レモネードスタンドは、小児がんを患った米国の少女が、レモネードの売上で病気の子どもたちを助けようと始めた取り組み。その活動を知った四郎さんは地元のクリスマスイベントでレモネードスタンドを出店。その後も毎年実施しており、活動は新聞やテレビなどでも紹介されている。

 今回の絵本は、今年1月にがんに関わる絵本作品の出版パーティーに出席した縁で発売の話が進んだ。売上の一部は患児・家族の支援に寄付される。四郎さんは「小児がんをよりくわしくどのようなものか知ってほしい。そのためにたくさんの人にこの絵本を知ってもらいたい」と話す。

 絵本に関する問い合わせは生活の医療社【電話】03・6820・8371。
 

横浜市 消防団員募集中

学生や市内企業で働く方々も活躍中。地域の防災の担い手になりませんか。

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/bousai-kyukyu-bohan/shobo/bosai/shobodan/shouboudan.html

【横浜消防】わが家の対策・自助

自分の命は自分で守る!地震が起きたときの準備、できていますか?

http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/home.html

<PR>

中区・西区版のローカルニュース最新6

中高年層支援に着手

ひきこもり対策

中高年層支援に着手 社会

市、「8050問題」踏まえ

2月27日号

ウェブ技術で在宅勤務推進

ウェブ技術で在宅勤務推進 経済

(株)オーク

2月27日号

今年の公演概要発表

横浜みなとみらいホール

今年の公演概要発表 文化

新館長も登壇

2月27日号

人命救助で感謝状

西スポセン

人命救助で感謝状 社会

元消防の利用者も協力

2月27日号

家庭と両立できる職場に

家庭と両立できる職場に 経済

(株)コンフォートジャパン

2月27日号

「三塔の日」音楽を楽しむ一日に

地域へ飛び出す戸部本町ケアプラザ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

  • 1月23日0:00更新

中区・西区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク